2012年12月22日

「丹波屋」港区・新橋

「丹波屋〜立ち食いそばの衝撃カレー」

IMG_5720.JPG

( ゚∀゚)ノ ニュー新橋ビルやで〜!

住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル

今日は新橋にあるニュー新橋ビルにやってきた。
先日ツイッターで流れてきたこちらのサイトを見てたら急に行きたくなった。

「こないだヌーベルインディアがどうこうとか言ってた奴が立ち食いそばかよ!」
と言われそうだが、夏の参議院選挙を控えて庶民っぽい振る舞いも必要なのでタマにはこういう食事もいいだろう。

それにしてもニュー新橋ビルのカオスっぷりは半端ないね。
上の方は企業の事務所などがありそうなんだけど、2階と3階はマッサージ屋さんだらけです。
しかも呼び込みがヒドイ!
オフィスビルというより室内歌舞伎町って雰囲気。


続きを読む
posted by ピエール at 16:20| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 港区(品川・新橋・白金高輪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

「第3回 ナーガルジュナ(NagarJuna)」新宿区、若松河田

「ナーガルジュナで振り返る2012年」

DSCF5894.JPG

( ゚∀゚)ノ めっちゃ美味いで〜!

クリスマスを目前に控えた総選挙で自民党が圧倒的勝利を飾りました。
選挙次第で社会がどれだけ変わってしまうかということを実感した3年数ヶ月でしたが、これからの社会が良い方向に進むように期待したいです。

さて、そんな3年前の総選挙から数ヶ月後、2009年のクリスマス前に訪問して圧倒的な美味さに驚愕したお店がありました。
それが若松河田のナーガルジュナです。
「2010年なんでもベスト10」に度肝を抜かれた究極のカレーとして紹介しましたが、ブログに書いているのはたったの2回だけです。

なぜその後に書かなかくなったのかは明確で、何度も訪問しているうちにここはカレーのお店じゃない、カレーを凌駕した別のカテゴリーだと感じたからです。


続きを読む
posted by ピエール at 22:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宿区(神楽坂・飯田橋・若松河田) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

「HOKUOでパンダカーメン」

( ゚∀゚)ノ 黄金のパンダカーメンやで〜!

IMG_4993.JPG

(´・ω・)めっちゃ覗いてる・・・

HOKUOのアトレ上野店で売ってたので買ってみた。
一つ一つ専用の箱に入れてくれるのですが、入れるときに耳が取れてしまいました。
店員さんが気を遣って「別のものに取り替えます」と言ってくれたのだが、並んでいる人もいて申し訳ないのでそのままにしてもらった。

子供へのプレゼントだと思ったんでしょうね。
まさかオッサンが一人で食ってるとは知らず・・・

続きを読む
posted by ピエール at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

「タップロボーン(spicy bistro Taprobane)」渋谷区・青山一丁目

「タップロボーンでスリランカ料理」

IMG_4193.JPG

( ゚∀゚)ノ ゴダンバロティ!ロティロティ!

住所:東京都港区南青山2丁目2-15
電話:03-3405-1448
営業時間 11:30 〜 23:00 定休日:日曜

今日は珍しく青山一丁目で食べたカレーを紹介したい。
「おいおい、青山なんて高級なところでピエールさんがカレーかいな?」と思われるかもしれないが、実はユリ・ゲラーなみの超能力を発揮して石油を掘り当てたので、青山の高級マンションに移り住んだのだ。

まあユリ・ゲラーと言っても若い人からは「百合とかゲイって石油も掘れるの?」「ゲイはわかるけど何で百合も掘るの?」と娘たちには聞いて欲しくないような質問が飛んできそうだが、そのような話をするブログではないので本題に移ろう。

ここのお店は一部のマニアさんにかなり評判のお店で、都内でも珍しいスリランカ料理のお店です。
タップロボーンかタップロポーンかタッポロボーンかマルボロボーンキラーズかわからなくなりそうだが、正確にはタップロボーンだ。
間違えないように10回ほど唱えるといい、スプーンも曲がることだろう・・・

続きを読む

2012年12月05日

「第2回 あじわい回転寿司 禅(ZEN)」小田原市

「怪しい回転寿司でセレブ巻き寿司!」

IMG_5325.JPG

( ゚∀゚)ノ 写真撮影禁止やで〜!

解体作業の仕事を終え、我々が向かったのは変態回転寿司で名高い「あじわい回転寿司 禅(ZEN)」。
よく考えると名前も渋いっすよね!

「禅」と「変態」が対局に位置するように思えるのは我々が悟りを開いてないからで、おそらく禅を極めて悟りを開くと変態に行き着くということを示唆しているのかもしれないですね

回転寿司とフランス料理というのも素人目にはいまいちピンと来ませんが、飲食業を極めると最終業態が回転寿司とフレンチになるのかもしれないですね。
まさに終末の世にふさわしいお店ではないか!

続きを読む
posted by ピエール at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。