2009年09月04日

「第15回 新・印度料理 たんどーる」中野区・沼袋

「たんどーるで驚天動地の和ッサムカレー」

( ゚∀゚)ノ 黒ごまラム肉カレーも食べたで〜!
RIMG10883.JPG

聖闘士星矢を読んでいると、人間には視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚の5感以外に
第6感、第7感(コスモ)、第8感(阿頼耶識)まであるらしいです

まあ、第何感まであるのか知りませんが、5感だけでも生きていくには十分です。
特にカレーを食べてて思うのは、味覚はもちろんのこと、視覚・嗅覚が
あることだけでも感謝しないといけないですね。

えっ、性感帯? (;゚д゚)

Σ(`Д´)馬鹿ヤロー!性感は触覚の一つだ!


RIMG10878.JPG

もちろん、ただ生きるだけなら「5感」があれば十分だが、
「第8感」を手に入れたいという方は僕に連絡をください。

実はここだけの話、女性だけは性感をある方法で刺激すると
「第8感」まで目覚めさせることができます。
しかし、この刺激方法を神から与えられてるのは僕だけなんですよ。

信じるか信じないかはあなた次第です (σ・∀・)σ

第8感に目覚めるか、不幸になるかもあなた次第!



「黒ごまラム肉カレー」
RIMG10881.JPG

黒ごまチキン、黒ごまチーズなど、黒ごまシリーズは色々と
頂いてきましたが、黒ごまラム肉は初めてですね!

巨大ラム肉のタンドール焼きやラム肉のピクルスなど、
ラム料理も美味しいので期待に胸が膨らみます!

(〃^∇^)ノ ウマァァァァァ〜!



「大豆とコンニャクの和ッサムカレー(950円)」
RIMG11248.JPG

先日、和ッサムの具材をカレー仕立てにした「幻の料理」を頂きました。
「謎の梅酒」と一緒に・・・

幻を現実のものとすべく「和ッサムカレー作ってくださいよ!」と
ハチャメチャな要望をしたところ、見事に現実化させて下さいました。

思考は現実化しないが、要望は現実化します!


RIMG11249.JPG

ということで、さっそくスパイスライスにかけて頂いてみると・・・

(≧∇≦)ノ 和ッサムカレーや〜!

う〜ん・・・美味しい和ッサムスープをカレーにしたら
やっぱり美味しいカレーになりましたね〜。

と、僕が書くと何の価値も無い料理になってしましますが、
この美味しさは和ッサムスープと和ッサムカレーを食べた者にしか
わからないでしょうね。

とにかくウマ――ヽ(・∀・)ノ――イ♪



「幻の和ッサム料理?」
RIMG11035.JPG



<新・印度料理たんどーる  店舗情報>
住所:東京都中野区沼袋1-8-22 ヤマニビル2F
携帯地図:詳細 普通 広域
電話:03-3387-2172
営業時間:12:00〜14:30 18:00〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
定休日:月曜(火曜日はディナーのみ)
「新・印度料理たんどーる」のHPは→こちら

「第1回たんどーる 初体験!梅干しマサラ」は→こちら
「第2回たんどーる 衝撃のチキンピクルス!」は→こちら
「第3回たんどーる 驚愕!和ッサムスープ!」は→こちら
「第4回たんどーる これぞタンドリーチキン!」は→こちら
「第5回たんどーる ベイダーさんとランチ!」は→こちら
「第6回たんどーる 豚ひき肉と大豆のカレー!」は→こちら
「第7回たんどーる 軟骨キーマカレー!」は→こちら
「第8回たんどーる イチゴあんこナン!」は→こちら
「第9回たんどーる 季節の野菜カレー!」は→こちら
「第10回たんどーる 絶品おまかせ料理<前編>」は→こちら
「第10回たんどーる 絶品おまかせ料理<後編>」は→こちら
「第11回たんどーる 天晴れ扇子と絶品カレー!」は→こちら
「第12回たんどーる 巨大ラム肉とイサキのカレー!」は→こちら
「第13回たんどーる 鯵のカレーとタンドリーチキンカレー」は→こちら
「第14回たんどーる 豚挽き肉と大豆のキーマカレー」は→こちら


posted by ピエール at 10:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆新・印度料理たんどーる(沼袋)・再訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにゃくですか。
まさか使用方法がアレ以外にもあるとは・・。
とはいえ、先日行ったマジスパにもこんにゃく入ってましたがww。

ちなみに車田漫画のイチオシは
僕的には「風魔の小次郎」です。
木刀を買ってしまう中学生の気持ちが良く分かりますww。
Posted by samurai at 2009年09月05日 11:23
>samuraiさん
「風魔の小次郎」ですか・・・
まだ読んでないので、楽しみに読んでみます。

それにしても中学生は木刀といい、コンニャクといい、
消費のけん引役かもしれませんね。

日本の復活は中学生が握っているかもしれません。
Posted by ピエール at 2009年09月05日 16:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。