2010年05月02日

「GWはムット2号店でミールス!」

( ゚∀゚)ノ オカズがいっぱいや〜!

RIMG15464.JPG

最近の話題と言えば「沢尻エリカの離婚」と「インドのミールス」と言われるくらい南インド料理が盛り上がってますね。

僕が初めてミールスを食べたのはムット本店か池袋の例の店だと思いますが、池袋で食べた時はビックリしましたね。
あまりの量の多さに・・・

根が貧乏性なので「お代わり自由」と言われると無理して食っちゃうんですよね。
まあバケツ(正式名称がわからない)で「わんこそば」のようにどんどん盛られる中野の名店が一番ビックリでしたが・・・

RIMG15465.JPG

USHIZOさんの宣伝が功を奏してか、連日大盛況のGW限定ミールス。
ゴールデンウィークの期間限定という意味で、数は限定されてないと思いますのでご安心を。

僕も21時ごろに行きましたが、普通に食べられました。

ちなみに限定ミールスをやってるのは2号店ですので、間違って僕のように本店に行ってしまわないように要注意だ!



ムット本店1.jpg

インド本国でのミールスの定義は知らんが、俺の中では「オカズがいっぱい付いてる定食」といったところです。

その昔、一日に30品目は食べろという俗説?が日本でも流行ったが、色々な野菜を食べるというのは間違いなく健康にいいでしょうね。

マトンと鹿にビーフとヤギ等々、30種類の獣肉を食ってたら健康を損なうと思うけど・・・

グルテンミートは数年ぶりに食べましたが、こんなに弾力あったかな?ゴムのような食感です。
料理の仕方で変わってくるのかもしれませんが、僕が菜食主義をしていた頃に食べたグルテンミートとはちょっと印象が違いましたね。
僕が初めて食べた時はホントに肉と思いました。


ムット本店2.jpg

全体的に優しいスパイス使いですので、万民が抵抗なくいただけるミールスです。
逆に激辛好きにはかなり物足りないと思う。

とにかく美味しくいただくには何でもかんでも徹底的に混ぜるのが一番ですね。
ミールスの醍醐味は遠慮なく赤子のように好き勝手に混ぜることだと思います。

ホントなら手食するのが一番なんでしょうが、僕は写真も撮るし、食べやすいのでスプーンを使って食べてます。


右上のラッドゥというお菓子は初めて食べましたが、これはかなり美味いですね。
インドのお菓子というと脳味噌が痺れるほど激甘な物が多いですが、これは甘さが丁度いいですね。


やっぱりミールスはいいな〜!ということで、5月はミールス食べまくろうっと!

ほな、また〜!(^-^)ノ~~


ムット2号店の店舗情報は→こちら(絶対に迷わない道順説明つき)

ムット本店の店舗情報は→こちら


posted by ピエール at 11:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆ムット(大久保)・再訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

早速の訪問、ありがとうございます!
お替わりなしの提供スタイルですが、満足いただけましたでしょうか。

ミールスの定義って、難しいですね。
バナナの葉がなくてもミールスですしね。
ご飯とおかずがたくさんってのは合ってると思います。

個人的にはサンバル、ラッサム、ヨーグルトは外して欲しくないですが、まぁぶっちゃけ美味しければ無問題ですよね。

手で食べながら写真を撮るような、行儀の悪い事はしちゃいけませんやねf(^^;)

それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2010年05月03日 02:40
>USHIZOさん
男性はお代わりが必要かもしれませんね。
せめてラッサムとライス。

時代と地域を考えるとバナナの葉っぱはナンセンスですね。
オカズがいっぱいで美味しけりゃミールスです。
でも不味いミールスって食べてことないですね。
どっかないですかね?行かないですけど・・・
Posted by ピエール at 2010年05月03日 17:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。