2010年12月17日

「第2回 リトルブッダ(Little Buddha)」池袋・要町

「リトルブッダでタンドリー大会」

DSCF0114.JPG

( ゚∀゚)ノ 最強のマライティッカやで〜!

10月ごろから色々と忙しくなり、夜は池袋で晩ご飯を食べることが多かった。
昔は池袋〜高田馬場のカレーをよく食べていたので、過去を振り返る意味でも久しぶりに色々なところを巡ってきました。

池袋は有名なお店も多いですが、ここ「リトルブッダ」はいまいち知名度がなく、食べログの評価も低い(少ない)ようだ。
僕が初めて訪問したのが2008年4月だが、僕が知ってるだけでも現在のシェフは3人目だと思います。

当時のカレーは非常にレベルが高かったが、ここ最近何度か訪問してみて感じたのはタンドール料理のレベルの高さだ
それもそんじょそこらのハイレベルではなく、圧倒的なレベルだと思います。


「グリーンカバブ(600円)」
DSCF1788.JPG

芝生や山の緑を見ると落ち着きますが、緑色の血を流している人がいたら落ち着きませんよね。

(;゚д゚)ノ てめぇらの血は何色だ〜!

このグリーンカバブを見てそんなことを考えてはいけません。

いや、そんなことを考える余裕が無いほど美味い!

香りにヤラれて、食感にヤラれて、美味さにヤラれます
美味すぎるハリヤリティッカ(グリーンカバブ)だ・・・



「タンドリーチキン(600円)」
DSCF1798.JPG

表面がテラテラと光っている。
これぞ照り焼きチキンって感じのテカり具合だが、どうやらこちらのタンドリーチキンは皮付きのまま焼かれているようだ。

その辺のインド料理屋さんだと干し肉かと思うほどパサパサのタンドリーチキンが出てくるが、こちらのチキンは非常にジューシーで柔らかい。

味もしっかり付いておりビールによく合う。



「マライティッカ(600円)」
DSCF1884.JPG

(≧∇≦)ノ めっちゃ美味いで〜!

という以外の言葉が思いつかない!

ここのマライティッカは間違いなくトップクラスの圧倒的美味さです。

これを食わずしてリトルブッダを語ることなかれ!と言いたいですね。



「シークカバブ(600円)」
DSCF0814.JPG

普段は滅多に頼まないシークカバブだが、あまりにもタンドール料理が美味いので頼んでしまった。

キン肉マンにシシカバ・ブーというキャラクターがいましたが、当時は料理の名前からつけられたとは知る由もありませんでした。

まあそれは余談だが、このシークカバブも上手いですね。
でもここのお店ではチキンティッカやマライティッカなどそのままの焼き物を頼んだ方がいいです。


ということで、珍しくタンドリー料理だけを紹介したが、モモやアルジーラなどの前菜も美味いし、
マトンカレーも肉の臭みなく柔らかだったりと、全体的なレベルが非常に高いと思います。

はっきり言ってネパール料理とタンドール料理だけで十分に満足できるおススメ店です

ほな、また〜!(^-^)ノ~~


「リトルブッダ」の店舗情報は→こちら


Little Buddha ネパール料理 / 池袋駅要町駅




posted by ピエール at 01:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ネパール料理・再訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は食べログで池袋界隈のカレー屋に軒並み低い点を付けて回ってるレビュアーが一人いるようなんですよ。
その人が訪問すると点数が3.0以下になるという、まさに恐るべき。

なのでリトルブッダも厳しいことになっている訳で。

なんとか救済したいんですけどね。
Posted by ropefish at 2010年12月17日 04:50
>ropefishさん
そんな恐ろしいレビュアーがいるんですか・・・
リトルブッダはかなりいいお店だと思うんですけどね。

ビールも激安ですし、焼物も美味いし・・・
Posted by ピエール at 2010年12月19日 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。