2011年02月06日

「南欧料理 オステリアささき(osteria Sasaki)」新潟市

「オステリアささきでポークカレー」

IMG_0241.JPG

( ゚∀゚)ノ 南欧料理やで〜!

住所:新潟県新潟市中央区古町通7番町995 古町会館2F
電話:025-224-7373
営業時間 11:00〜15:00 17:30〜23:00

それにしても東京は恵まれてますよね
寒い寒いと言いながらも雪が降ることなんてほとんどないですからね。
それに比べて新潟は少なくなったとはいえ、降り出すと恐ろしいほど積もります。
寒いなんてレベルは通り越して、冷たくて血液も凍りそうです。

そんな凍りそうな体を癒そうと地中海の温もりを求めて南欧料理のお店にやってきました。
ところで南欧ってどの辺の地域なんですかね
ヨーロッパ南部だよ!と言われたら元も子もないのですが、先日革命の起こったチュニジアやデモの盛んなエジプトもアフリカとはいえ地中海沿岸なんですよね。

間違いなくアフリカ大陸の上がヨーロッパ南部でしょうが、北部との境目が気になりますね。

sasaki1.jpg

そんなことを考えながらお店のある2階に上がっていくと、そこには驚くほど綺麗な店員さんが・・・

もはや南欧と北欧の境目なんてどうでもいいから、僕と店員さんの境目を無くして欲しいと神に願ったことは言うまでも無い。

それくらい僕との格差を感じさせる美しさだった・・・



「オリジナル・ポークカレーランチ(1050円)」
sasaki2.jpg

だからといって何時までも女性に気を取られているピエールではない。

腹が減っては性欲も湧かない!ということでポークカレーを注文した。
日頃インド料理屋さんに行ってるとポークにお目にかかることが少ない。
そんな珍しさもあって注文したのだが、ガラムマサラも薬味として出してくれた。

ヨーロッパ料理のお店でスパイスを見ると中世の香辛料交易を思い出しますね
スパイス目当てに戦争をしていた時代があったんですからね。
昨今の革命やデモも思想やイデオロギーというより、食えないことや不平等に対する反乱でしょうね。
さすがにスパイスが欲しくて革命を考えるのはカレーブロガーくらいでしょう。


sasaki3.jpg

カレーはとろみのあるタイプですが、玉ねぎをふんだんに使っているのか甘さの中にも深い味わいがあって美味しいです。
食べてみると意外に軽い食感で、むしろ大きな豚肉の方が僕にはヘビーでした。

毎日ランチタイムにカレーを出しているのかわかりませんが、限定10食と書いてあったので、もしかしたら日替わりメニューだったのかもしれません。

店員さんが美しいこともさることながら、まさかカレーも美味しいとは嬉しい限りですね
近くに行くことがあれば、ぜひ再訪したいです。

ほな、また〜!(^-^)ノ~~


posted by ピエール at 03:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 新潟県(新潟市・長岡市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しそう。らっきょついて来ると嬉しいよね♪

キレイな人を見掛けると眼の保養(美術品を鑑賞しているような感覚)になりますなー。ま、異性間と同性同士では衝動の種類が異なるんでしょうけども。(笑)
Posted by 海苔 at 2011年02月07日 12:42
>海苔さん
目の保養は大切ですよね。
遠くの山より、近くの美人です・・・

同性でも綺麗な方が見甲斐がありますね。
Posted by ピエール at 2011年02月13日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。