2011年07月09日

「Bistro ひつじや」渋谷区、代々木・南新宿・新宿

「ひつじやでヒラメのガーリックオーブン焼き」

DSCF6491.JPG

( ゚∀゚)ノ ラム肉のスペアリブも食べたで〜!

住所:東京都渋谷区代々木1-59-1 オーハシビル2F  
電話:03-3320-3651  定休日:無休  

今日はエスニック料理の中でもアジア料理やら中東料理やら、色々なものを食べられるお店「Bistroひつじや」にやってきました。
その名の通り、ラムやマトンなど羊を食べられるということで有名らしいが、残念ながらカレーはないとのこと

もはやカレーにも興味を失った私にとってはそんな小さなことはどうでもよく、美味いラム肉と魚料理を求めて代々木駅に降り立ちました。

ひつじや3.jpg

場所は代々木駅を降りてちょと歩いた所にあります。

わかりにくい場所にあるので地図で確認しながら行った方がいいと思います。




「ヤーコン・サラダ(735円)」
DSCF6475.JPG

ヤーコンが好きなんですよ。
ヤーコンの何が好きかって、まずは語感が好きですね。

「ヤーコン」って何度も言いたくなる素敵な語感です

後はシャキシャキした食感と爽やかな甘みですね。
ヤーコンのカレー食べれるお店ないかな〜



「ひつじのたたき(580円)」
DSCF6482.JPG

「ひつじ料理(Mouton meales)」と書かれたメニューの筆頭にある料理。
当店のお薦めNO.1とありましたが、なかなかマトンのたたきを食べられるお店はないでしょうね。

意外や意外、臭みも無く柔らかく、非常に食べやすいお肉です
「カツオのたたき」しか食べたことの無い僕には人生を考え直す新たなきっかけになりました。

これは次回もぜひ注文したい!



「スペアリブのいぶし焼き(840円)」
DSCF6486.JPG

「いぶし銀」な男に憧れた少年時代を思い出させるメニューじゃないか・・・

もちろんスペアリブといっても豚肉ではなく羊肉のスペアリブです。
「桜の木のチップでいぶす」らしいが、残念ながら何の木で燻したのかは俺にはわからない。

まあその味には慰撫されましたけどね・・・

注:ダジャレですよ



「ヒラメのガーリックオーブン焼き(時価)」
DSCF6489.JPG

「本日のお魚」としか書かれてなかったので「今日は何の魚ですか?」と聞いたところ、店員さんがお店の奥に引っ込んでしまった。
てっきり魚の名前でも聞きに行ったのかと思ったら、巨大なザルに並べられたお魚を持ってきた。

10種類近くあり、どれも興味深いのだが、さすがに全ての魚を食べることはできない
しょうがないので一番無難そうで美味しそうなヒラメを選んだ。
寿司屋の時価を頼む勇気はないが、ひつじやの時価でまさか10,000円も取られることはなかろう・・・

ということで、一匹丸ごとのガーリックオーブン焼き。
オリーブオイルの海を泳いでいるヒラメです・・・

一緒に添えられているパンをオリーブオイルに付けて食べると美味しかったです
魚も丁寧に焼かれているので美味。
オリーブオイルと焼き魚って合いますね〜。



「チュニジア餃子(680円)」
ひつじや1.jpg

やっぱり餃子ブロガーとしては餃子も頼まないとね!
ということで、チェニジア餃子を注文しました。

チュニジアと言えばチュニジアン・ブルーですけど、最近は単に治安が最悪な場所というイメージしかありません。

餃子はパックリ割ると半熟卵とチーズ、挽肉が姿を現します。
「アフリカではブリックと呼ばれている」とメニューには書かれてました。



「クスクス(1080円)」
ひつじや4.jpg

この辺の料理を食べに行くとクスクスを食べたくなりますね。
野菜が入ったミネストローネのようなトマトスープでいただきます。

普通に美味しいですが、クスクスのチャーハンというメニューもあったので、そちらを食べても面白いかも。



ひつじや2.jpg


ということで、こちらのお店は豪快なラムや魚の料理をいただける稀有なお店です。
サイズも選べますが、3人〜4人で行くのがちょうどいいと思います。
2人だともったいないかもね。

チュニジア料理や中東料理は値段の高いお店が多いですが、こちらは値段的にも良心的です
羊肉や魚が好きな人にはおススメです。

ほな、また〜!(^-^)ノ~~





posted by ピエール at 16:50| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 渋谷区(代々木・原宿・代々木八幡) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カレー無くなっちゃったのですね。
以前はカレーがあって(インド人店員さんもいて)、しかも脳みそのカレーが食べられる数少ないお店の一つだったと思うのですが、残念です。

Posted by 新宿五郎 at 2011年07月09日 19:40

ここ、新宿に会社があったころはよくランチで行ってたよ! 夜はいったことなかったけど、よさげだよね。味が全般的にくせがあるから、すごい記憶に残る店。
Posted by たくろう at 2011年07月10日 07:54
以前ココでカレー食べましたが、
なくなったんですね。
残念です。

男前の店員が手当たり次第に女性に話しかけているのが
実に印象的でしたww。

Posted by samurai at 2011年07月10日 22:25
>新宿五郎さん
昔はカレーがあったんですね・・・
僕が行った時は間違いなくなかったと思います。

羊の脳味噌カレーはミャンマー料理屋さんで食べたのが最初で最後です。
食感とイメージで震えながら食べた記憶があります。


>たくろうさん
ランチのイメージが湧かない店ですね・・・
珍しいものが食べられるから面白いですよ。
ラムのたたきもスペアリブも癖はなかったです。
どちらかというと薄味というかそのままの味。


>samuraiさん
有楽町のひつじやは系列ですかね?
あっちはカレー屋さんですよね。
ここはラム料理と魚料理がメインっぽいです。

男性店員はみんな外国人でしたが、客に話しかけてる人はいませんでした。
女性だけの客がいると豹変するんですかね?
Posted by ピエール at 2011年07月10日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。