2006年08月01日

「ラージラニ」(目白)

〓[×〓〓??????.jpg
「ラージラニ」(目白)
〒171−0031 東京都豊島区目白2−16−20大黒ビル2F
携帯地図:詳細 普通 広域
TEL 03−5952−8366
味:★★☆
怪しさ:★★★★★
コスト:★★★
仕事ぶり:★★

目白から歩いて6〜7分。目白はこれといったカレー屋さんがない。
強いて言うなら、この店と目白駅の中間くらいに位置する「シェリー・ハウス」くらいかな。

小さな雑居ビルに入っていて、あまり目立たないところだ。
何でも池袋・雑司が谷駅近くの「ベンガル・カフェ」というカレー屋の姉妹店らしい。
ベンガルというのはインドの地名らしいが、どこにあるかは知らん。
多分、ベンガル・トラの地元だろう。間違ってもベンガル(俳優)の出身地ではなさそうだ。

このお店、はっきり言って怪しい〜!
入ろうとすると、すかさず店員(女)が出てきて「今日はメニューが足りません」なんで、片言の日本語やねん!しかもメニューが足りないってどういう意味?
よく聞くと「売り切れた」ということらしい。
最初からそう言え!

で、入ってみると奥の席で占いをしている。手前の席では「先生」と呼ばれている男と若い男女が2人。何だこの店は・・・。
しかもカウンター席は荷物が置いてあって座れない。しょうがないから真ん中の席に。

メニューが足りないらしいので野菜カレーと豆カレーとナン、小ライス、チャイのセット(1570円)を注文。
結論から言うと、ライスが堅い。玄米かと思うほど堅い。
メニューが足りないんじゃなくて、米を炊く水が足りね〜んじゃねぇか!

しかもこのナンはパンだ!
カレーも普通。特にコメントすることもない。
むしろこの店の怪しさのほうに語るべきことが多い。

途中、左にいた若い男女が帰った後も「先生」だけは残って、パソコンで音楽を聴いている。どうやら、この店のオーナーらしい。
右に座っているのは占い師と女性客。女性は必死です。結婚、転職、天中殺・・・。「1時間です」と言われてもまだ延長してる。結局70分くらい占ってもらって、8950円を払っていた。
高いの?安いの?解決したの?

さらにチャイ代も払っていたので10000円近く払ったことになる。

途中、女性客が来たけどメニューを注文しないので不思議に思っていたら、なんと占いの客だった。ここの本業は占いかよ!
ちゃんとご飯炊けよ!釜でナンを焼けよ!

で、左の「先生」はまだ音楽聴いてる。仕事しろよ!

まあ、カレーは全然ダメだが、怪しい雰囲気の好きな人は是非!

posted by ピエール at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊島区(池袋・目白) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。