2007年10月10日

「カンボジア」(高田馬場)→ 「リトル・サイゴン」になりました!

カンボジア・カレービーフン800円.jpg「カンボジア」(高田馬場)
2007年10月追記!!
東京都豊島区高田3-10-14 吉野ビル2F
地図
詳細 普通 広域
電話 03-3209-9320
営業時間::
11:00〜14:30 17:00〜23:00
定休日:年中無休
味:★★★(カレービーフン)
個性:★★★☆
コスト:★★★

ヤフー!クーポン
-------------------------------------------------------------------------------------
2007年10月10日(水)

今月は高田馬場・再強化月間になりそうです。
去年の夏は高田馬場でカレーを食べまくったが、一年を経過して、
自分の舌も変わったかもしれんし、お店の味も変わってるかもしれない。

ということで、今日は「カンボジア」へ。ここのお店も半年以上
行ってませんでした。
以前は「海老カレーセット」か「野菜炒めセット」しか頼んだことが
なかったので、今日は違うメニューを・・・。

まずは「カレービーフン(800円)」です。
カンボジア・カレービーフン.jpg

厨房の奥で電子レンジの「チーッン!」という音が響きます
さて、何を温めてたのでしょうか?(+_+)/

出てきたカレービーフンは細いビーフン(ソーメンに近い)の上に
ココナッツカレーと野菜のみじん切り、モヤシがかけられています。
カレーは全然辛くないです。というよりむしろ甘いですね

具材はチキンや芋、玉ねぎです。
野菜を一緒に混ぜて食べるとかなり味が薄まってしまいます。
カレーとビーフンだけで食べたほうが美味いと思います。
う〜ん、それにしても全く辛くないので物足りないです。

お次のメニューは「スズキの串焼き(1000円)」です。
カンボジア・1000円.jpg

もっとデカイのかと思いきや、普通の焼き鳥サイズのスズキが2本です。
これで1000円ですか・・・。

まあ、まあ、気を取り直して!美味けりゃいいじゃないですか!!

香りは非常に美味そうです。さて、一口食べてみましょうか・・・。
おっ!美味い!・・・かな?

と思ったら・・・・「めっちゃ味濃いや〜んっ!」

日本人には濃すぎるよ〜っ!ご飯が2杯は食べれるよ〜!
こんなに攻撃的な味は久しぶりです。
口内射精、いや、口内射撃されたみたいです!

で、味が濃いだけならまだしも、「むっちゃ、油っこいや〜っん!」
いったい、どんな調理器具で焼いているのでしょうか?
魚の余分な脂が全く落ちていません。
それとも焼く時に油をべっちょり付けて焼いているのでしょうか?
存在の耐えられない油です。

う〜ん・・・おとなしくカレーセットを頼めばよかったかもしれん。
パームシードが食べたくなりました。
次回はまた新たなメニューに挑戦しようと思います!

-------------------------------------------------------------------------------------
2006年8月〜2007年
味:★★★★
雰囲気:★★★
個性:★★★
メニューの数:★★★★


今日は長野に出張。新幹線での帰り道、仕事について色々と考えていると、
イライラと怒りがつのるばかり。
この怒りを冷ますにはカレーしかない!・・・・。
とは言っても、すでに10:00。
こんな時間に空いてる店は・・・「カンボジア」くらいしかない!

このお店に行くのは3回目です。カレーが美味しいだけではなく、
店員の女の子(カンボジア人かは不明)がかわいい。
可愛いと言うより、いつも笑顔で可愛げがある。
う〜ん、日本女性ではあまり見ないタイプかな。

しかし、残念ながらこの子には最初に会っただけで、以後会ってない。
しかも、3回とも店員が違う。もしかして大家族経営?

それはそうと、肝心のカレーですが、3回も行くだけあって非常に美味しいです。
特にインドカレーばかり食べていると、たまにはアクセントの効いた
違うカレーが食べたくなる。

「えびカレーのセット(1200円)」を注文。
カンボジア 高田馬場.jpg

タイのレッド・カレーに近い。が、スープカレーとも違う。
すこしドロっとしたルーが油に浮いてる感じ。辛さはそれほどでもない。
ジャガイモかな?いや違う・・・おっ〜!懐かしい。
サツマイモが入っている。カレーとの相性ばっちりっす。

デザートが「パームシード」!
カンボジア・パームシード.jpg

パーム(椰子)シード(実)ということで、
椰子の実だと思う。食べたことのない食感。
新鮮な梨とナタデココの中間のような食感?甘くて美味しい。

甘いものを食べたらコーヒーが飲みたくなった。
ベトナム・コーヒー(500円)」を注文。店名はカンボジアなんですが・・・。
カンボジア・ベトナムコーヒー.jpg

「練乳付き」と書いてあります。
ちょっと変わった作り方で、実はグラスの下に練乳が入っております。
上から濾したコーヒーが落ちてくるんですが、練乳はスプーンで混ぜないと溶けません。
コーヒーだけでも美味しいが、練乳と混ぜても美味しい?というより懐かしい。
風呂屋のコーヒー牛乳のような味になる。僕の好みはやっぱりブラックだね。

全体的にベトナム料理だと思う。カンボジアの独自料理があるのかどうかわからんが、
単純に店員がカンボジア人だから「カンボジア」にしたんじゃなかろうか?

懐かしさが不足している方、インドカレーに飽きた方は是非!!

あの女の子、いつになったら会えるんだろう・・・。

本場ベトナム家庭料理 レストラン カンボジア [ エスニック、無国籍料理 ] - Yahoo!グルメ



posted by ピエール at 23:28| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 新宿区(高田馬場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カンボジアに行った時に、カレーを食べましたが、
油が多くて、辛さはあまり無かった気がします。

後カンボジアで食べたもので思い出せるのは、
ねずみの干物と鍋ですかね。
とにかく鍋は食べましたw。
(何鍋かは知りませんがww)
Posted by samurai at 2007年10月11日 00:26
>samuraiさん
そのカンボジアは「お店」じゃやなくて「国」ですよね。

ねずみの干物と鍋って「闇鍋」ですか?
ネズミなんて食べたら、とんでもない病気になりそうですね。
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月11日 01:01
ねずみ<加熱すれば大丈夫なのでは?

全然関係ないけど、ピエールさんミラン・クンデラなんて読むんだ〜?ちょっと、ていうかかなり意外。

あ、そうでもないや。

【存・軽】って濡れ場多いもんな。w
Posted by 海苔助 at 2007年10月11日 16:59
>江呂助さん
ミラン・クンデラ?

クンビラというネパール料理屋なら知ってますが・・・
マンデラはどっかの大統領。

「存・軽」は村西とおる初監督作品でしたっけ?
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月11日 22:53
あー私が【存在の耐えられない軽さ】をロードショーで観たのは18歳でしたね。
監督、村西さんっていうの???
そいつぁ初耳だぜ。www

本は【プラハの春】が好きなんだけど。
村西さんに監督させると【春を売る】とかって題名になるんかしら???
Posted by 海苔助 at 2007年10月12日 00:18
>海苔助さん

フランスでは「証券取引所」よりも「売買春取引所」の方が
有名だそうです。
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月12日 00:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。