2007年10月09日

「maya(マヤ)」(高田馬場)

maya・ダルバートタルカリ.jpg「maya(マヤ)」(高田馬場)
HP:http://www.maya-nepali.com/index.html
2007年10月追記!!
〒169-0075 高田馬場2−14−8 NTビル3F
地図:
詳細 広域
電話:03-3208-1766
味:★★★☆
個性:★★★
コスト:★★★

-----------------------------------------------------------------------------------------
2007年10月9日(月)

「maya」は去年、カレー巡りを始めたころによく利用してました。
ここ半年はすっかりご無沙汰でしたが、本日久しぶりに行ってきました。

なぜ突然訪問したかと言いますと、あのiカレー」さんの更新情報に
maya(iカレー)」が取り上げられており、その中になんと!

「店員さん(綺麗な人!)は日本語も英語も・・・(以下省略)」
と書かれてあるじゃないですか〜!!
綺麗な人ってどういうことですかっ!!

僕はオッサンしか会ったことないですよ!

まあ、綺麗な人はともかく、「イエティと同じ店なのか?」
「目黒の同名店とは姉妹店なのか?」という「iカレー」さんの疑問を調査すべく
早速内偵に行った次第であります!
-----------------------------------------------------------------------------------------------
さて、中に入ってみると、お客さんは誰もいません。
隣のミャンマー料理ミンガラバーもお客さんがいません。
その隣の焼肉屋さんは超満員です・・・。

店内を見渡してっと、、、 キョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ


「やっぱりオッサンしかおれへんやんけ〜っ!!」


「なんでやねんっ!!」

う〜ん、残念です。もしかしたらランチタイムにしかいないのでしょうか?
今週の土曜日にでも、もう一度行ってこようかな・・・。しょぼ〜ん。

ということで「ダルバートタルカリ(1800円)」を注文。
ネパールの家庭料理のセットと書かれてます。
運ばれてきた瞬間からスパイスの香りにやられました。
客が僕一人しかいないので、他の料理の香りにかき消されることはありません!
maya・1800円.jpg

手前のライスの横に添えられているのは「トマトペースト」と「大根の漬け物」
右側の野菜は「ほうれん草の炒め物」です。

下の写真の左は「アルタマ」(ジャガイモと竹の子のカレー)だと思います。
右は「チキンカレー」だそうですが、カレー味のチキンティッカって感じです。
maya・20071009.jpg

このチキンカレーが美味い!!
なんとなく食欲減退気味だったが(じゃあ、まっすぐ家に帰れよ!)、
一気に食欲・精神力が回復しました
辛さが足りなかったのでチリ粉をかけたら美味しさ倍増!

さらにジャガイモと竹の子のカレーも美味い。
こちらも辛さはほとんどありませんのでチリ粉でパワーアップ!

最後の写真が「ダールカレー(豆のカレー)」です。
maya・20071009ダル.jpg

ダールカレーはちょっと水っぽいです。まあ、スープと思って食べたら美味いです。
大根の漬け物やトマトペーストが口の中をさっぱりさせてくれて気持ちいい!!

最後にラッシーを飲み干して帰りました。
いや〜、満足のいく素敵な食事でした。

で、「iカレー」さんの疑問を確認したところ、以前はやはり
「イエティ」という名前で営業していて、スタッフも基本的に
変わってないそうです。

「目黒店」も元々は関係のないお店だったようですが、店員さん曰く
「いや〜、今は一緒になっちゃったんですよ〜。」となんだか含みのある表現。
何か大人の事情があったのかもしれません。
おじさんのちょっぴり寂しい表情に心を打たれました(大げさやっ!)。
実際、ホームページもありました。

余談ですがそのホームページに以下のような記述が・・・

リビング東京南「ミセスが選んだ驚きのランチ番付」でベスト15位になりました!
フリーペーパーのリビングの順位というのも微妙だが、
15位という位置づけをホームページで公表するのも微妙ですな!
まるで「実は俺、前頭10枚目なんですよっ!」と言っている相撲取りのようだ。

ということで、綺麗な人に会えなかったのは不満だが、
料理も美味しかったし、おじさん(店長)も元気そうだったので安心しました。
後はお客さんが入るのを祈るのみです。

-----------------------------------------------------------------------------------------
2006年8月〜2007年9月

「ほうれん草カレーとキーマカレー」
maya ほうれん草・キーマ2.jpg

ここのお店はすでに5〜6回は行っている。
通勤途上の乗り換え駅ということもあり、高田馬場にはしょっちゅう出没しております。
そんな中、僕が一番通っているカレー屋さんはこの「maya」です。

同じビルの同じ階にミャンマー料理店の「ミンガラバー」があります。
この店もたまに行くのですが、両店とも非常においしいです。

「野菜カレー」
maya 野菜カレー.jpg

「maya(マヤ)」はすでに7〜8種類(800円〜1200円)はカレーを食べましたけど、
一番好きなのは「ベイガン・マサラ」ナスのカレーです。
水分の少ないカレーというか?スープ状になってないカレーです。
maya ベイガンマサラ.jpg

ここはナンも「ふっくら、パリッと」で美味しいのですが、
あえて僕は「チャパティ」をお勧めしたい。
「チャパティー(200円)」は薄いので2枚は頼んだほうがいいでしょう。
このチャパティーがベイガン・マサラと愛称がピッタリでした。

メニューが豊富なのでいくらでも食べてみたくなります。
いつも「ミンガラバー」に行こうか「maya」に行こうかと迷うのですが、
これからも僕の夜の定食屋として、両店とも頑張っていただきたいものです。

高田馬場近辺にいる人は是非!

「オクラと海老のカレー」
maya・オクラとエビ1.jpg


<近くのお店>
:「オリエンタルキッチン」
:「MALABAR(マラバール)」 
:「Nong Inlay(ノング インレイ)」 
:「カンボジア」
:「大地之木」
:「RUBY(ルビー)」 


マヤ [ エスニック、無国籍料理 ] - Yahoo!グルメ



posted by ピエール at 23:14| 東京 🌁| Comment(16) | TrackBack(1) | 新宿区(高田馬場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

少し前からネパール料理屋にも行くようになりましたが、
ダルバートってネパールのターリーみたいなもんでしょうか。
ご飯の定食みたいですね。

ヒロシさんにナマステでご教授いただいたのですが、
今度お店に行ってみないといけませんね。

それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2007年10月10日 00:54
おぉ、ここは美味しそうですね。
ベイガンマサラを食してみたいです。

Posted by samurai at 2007年10月10日 02:41
初めて行ったのは2005/11/12。
当時はレシートも「YETI」のままでした。

HPによると、「maya」はお釈迦様のお母様の名前ですね。
その他に、ネパール語で「LOVE」の意味もあるんですよ。
(女性店員さんが頬を赤らめながら教えてくれましたw)

高田馬場でイチオシのお店です!
また行きたいなぁ。
Posted by ヒロシ at 2007年10月10日 12:36
ウーマ・サーマンの娘も「マヤ」って名前です。で、ウーマのダデイは印度方面の学者さんだったかな?最近とみに歳でして記憶力ヤヴァイっす。。。(^m^)v

ヒロシさんに頬をポッと染めてご教示くださった女性店員さんは単に頬紅メイクテクに長けてただけだと思います。(あ、このくだりは※非公開コメントで4649)

受け売りなんだけど、「ミラン」はネパール語で「出逢い」を意味するそうですよ。ええ、大久保通りのミランでよく喋るオーナーさんから伺っただけですけどね。w

店内を見渡してオッサンしか居ないじゃん!って鏡に映る己を見間違えたんじゃないですか?ウハハハハ。
あー面白い。(so what?いいえ、べつに♪)

まぁ、こうゆうコメントするから「常にハイテンションで空気読めない奴」だなんて悪評が立つんでしょうなあ、、、
でもホントに空気読めません。
空気には何も書いてないから読めって言う方が無理っすよ。www
Posted by 海苔助 at 2007年10月10日 18:53
>USHIZOさん
ダルバートはおそらくターリーと同じ意味合いじゃないでしょうか?

ネパール料理屋さんには必ずありますよね!
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月10日 22:00
>samuraiさん
ベイガンマサラは美味いですね。
肉料理も美味いかもしれません!
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月10日 22:03
>ヒロシさん!
頬を赤らめながらって・・・。

その子に「I maya you!」とか言ったんじゃないでしょうね!

あ〜、言ってみたい・・・
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月10日 22:07
>海苔助さん

ホント、歳をとるのは辛いですなぁ。
鏡に映っていたのはチョイ悪オヤジの僕でした。

ミランに行ったら可愛い子と出逢うかもしれませんね。
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月10日 22:10
情報ありがとうございます。
「イエティと同じ店」かつ「目黒店と姉妹店」とは。
ホームページの存在も知りませんでした。

「綺麗な人」・・・目ざといですねえ。
ピエールさんに見付からないように小さな字で書いておいたのに。
行ったのは日曜の昼だったかな?
綺麗で可愛い人だったので、会話が成立しないのが切なかったです。
会話に成功した方がいらっしゃるようで、くやしいなあ。
きっと別の店員さんだ。うんそうだ。

夜のセットメニューも美味しそうですね。
次回は昼夜どっちに行こうかなあ。「綺麗な人」を取るか料理を取るか・・・。
Posted by ふぁい at 2007年10月11日 00:12
>ふぁいさん
ふぁいさん情報はちゃんとチェックしてますから!
見逃しませんよ(σ`д´)σ

というか、日曜日の昼ですね。
美味しい料理ならいつでも食べられますから!
「綺麗な人」をとったほうが後悔しませんよ〜!
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月11日 00:58
ヒロシです。
お酒が入ると“愛の吟遊詩人”に変身することがあります・・・。

さて、ダルバートは、ネパールのターリーと言っていいでしょう。
以下、インドカレー原理主義者から見たダルバートです。

@ダル(豆のスープ・カレー)
Aバート(米。通常は白米)
Bタルカリ(おかず。サブジのようなもの。野菜が中心)
Cアチャール(漬け物)

名称はダルバートでも、BとCもセットのケースが一般的です。

最近の調査エリアは南化傾向(南インド・スリランカ)にあるとみせかけて、
実は北上(ネパール)しつつあります。
Posted by ヒロシ at 2007年10月11日 01:14
>ヒロシさん
そういえば、ダルバートは必ず豆料理とライスですよね。
ナンは出てこないですね。

非常に健康的な料理ですよね。一種の精進料理でしょうかね。

Posted by ピエ〜ル at 2007年10月11日 22:56
新大久保までインドのお菓子を買いに行くことにしたので、その途中で立ち寄りました。HPではスペシャルランチでないとチャパティが食べられないのかと思ったので、注文しましたがその後よ〜くメニューを見るとどのセットでも選べるようですね。お得でしたしおいしかったので、お気に入りにしますね。
それより新大久保のお店で日本人とミャンマー人?のハーフかと思ったと店員さんに言われてしまいました。インドでもちょっと日本人の顔と違うといわれたことがあるんですが。
Posted by かとあ at 2007年10月21日 18:52
>かとあさん
いったい、どんなお顔なんですか???

ミャンマー人は日本人とけっこう似てますよね。
見分けのつかない人もいますし・・・。

色黒だと日本人に見られないんでしょうか?
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月22日 01:31
「ママになっても金」のヤワラちゃんに似てると言われたことがあります。
Posted by かとあ at 2007年10月22日 19:31
かとあさん・・・つ、つ、強そう・・・。

Posted by ピエ〜ル at 2007年10月22日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ランチBセット
Excerpt: ランチBセット カレー2種類 850円。マトンカレー(右:やわらかくてクセのないマトンのカレー)、ダールカレー(左:美肌効果の豆カレー)。確かにクセのないマトンカレーです。
Weblog: 高田馬場グルメ
Tracked: 2009-03-24 04:31
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。