2007年10月03日

「MINGALABA(ミンガラバー)」(高田馬場)

ミンガラバー・ペガ500円.jpg「MINGALABA(ミンガラバー)」(高田馬場)
2007年10月 追記!!
住所:新宿区高田馬場2-14-8 NTビル3F
携帯用地図:
詳細 普通 広域
電話:03-3200-6961
味:★★★☆
個性:★★★★
コスト:★★★



--------------------------------------------------------------------------------------
2007年10月

最近、ミャンマー(ビルマ)料理ばっかり食べてますが、そういえば
一番最初に行ったミャンマー料理屋さんって「ミンガラバー」だったな〜、
と思い出し、早速久しぶりに行ってきました。

先ずはビルの下まで来てビックリ!
セットメニューが値上がりしてる〜ヾ(´д`)ノ゜
以前は1500円のセットがあったのに、今は一番安いセットが1800円代です
ミャンマーでガソリンが上がったらミンガラバーのセットメニューも
値上がりするのでしょうか?

ミンガラバー・看板.jpg

ちょっと、がっかりしつつもビルの3階に向かいます。
3階には「ミンガラバー」だけではなく、インド・ネパール料理の「maya」もありますが、
相変わらずお客さんは入っておりませんでした。
もう一軒、焼肉屋さんがあるのですが、そちらは相変わらず満員です。
で、ミンガラバーはと言うと、意外にもお客さんがたくさんいます。
しかも日本人のお客さんが沢山いるじゃないですか!!

さらに大学生らしき可愛いお嬢さんがいらっしゃいます
なんだか他のミャンマー料理店とはえらい違いです。

そしてメニューを見てみると、おや!メニュー表もキレイになってますね。
帰り際に聞いたところ、メニュー表は1年前に変えたそうです。
去年の10月に行ったのが最後なので、その後すぐに変わったんでしょうね。

で、まず目に入ってきたのが「ペガピトウ(500円)」という料理。
これは納豆のピリ辛和えだそうです。
そして、もう一つは当然ながら「モンヒンガー(750円)」です。
あらためてメニュー表を見ると、他のミャンマー料理店よりも
メニューの種類は多いかもしれん。

しばらく携帯を眺めながら料理を待ちます。
さて、やって来ました!これが「ペガピトウ」です。
ミンガラバー・ペガピトウ.jpg

店員さんに「よく混ぜて食べるように」と言われました。
僕はてっきりミャンマー風の納豆かと思いましたが、なんのことない
日本の普通の納豆と野菜の和え物でした・・・・ヾ(・д・)ノ~

若干がっくりしましたが、これが意外と美味い!
不思議とピリ辛の納豆と野菜が合います。
「へ〜っ!」って感じの料理です。

そして待望の「モンヒンガー」
ミンガラバー・モン750円.jpg

見た目は普通のモンヒンガーですね。ソーメンがたっぷり入ってます。
ふむふむ、他の店で食べたより辛口ですね。
ただナンプラーやお酢、レモン汁が卓上に置いてないので、
自分で色々と調節することが出来ない。

味はモンヒンガーにしてはあっさり味です。辛いけどあっさり。
その分、お腹がもたれることもありません。

う〜ん、モンヒンガー自体はAFCアバ&ゾージーチェーオー
モンヒンガー方が好みですね。

ミンガラバー・モンヒンガー.jpg

でもこちらのお店はチェーオーがあったりハイビスカスの葉の炒め物があったりと
かなりメニューが充実しております。
また行きたくなるお店ですね。
それにしても日本人客があれだけいるとは・・・。
----------------------------------------------------------------------------------------
2006年8月、10月

ミンガラバー・061024.jpg

高田馬場のミャンマー料理店「ミンガラバー」。
JRからも東西線からも近い。便利なカレー屋さんです。
まあ、この辺は「グレート・インディア」 「ラージプート」 「ロイヤル・カレー」 
「オリエンタルキッチン」等々、カレー屋集積地帯です。
さらには同じビルには、しょっちゅう行ってる「maya」が同じ階に入っている。

店内は地方の雑居ビルにある寂れた食堂のような雰囲気。客はいない。
それどころか店員と友達のミャンマー人?らしき4人でテレビを見ながら談笑中。
しかも韓国ドラマ「冬ソナ」の日本語吹替え版を見ながら、
ミャンマー語で談笑。日本語理解しとんのかいな?

初めて冬ソナ見たけど、ヨン様若いな。前々から思ってたけど、
チェ・ジューって「あ〜、しば漬け食べたい」の元タレントに似てませんか?
名前忘れたけど。

かんじんの料理ですが、豆野菜のカレー・ライス・サラダ(和え物)・包み揚げ(サモサ)・
ドリンクのセットで1500円
。まあ、こんなもんかな。

ミンガラバー高田馬場.jpg

しかし、味は最高!
インド料理とシナ料理の融合、まさにインドシナ(印度支那)。
ひよこ豆がとろとろに煮込まれていて、ライスとの絡みが絶妙。
辛味も程よく、俺好み〜。
この辺りの国はナン文化じゃなくてライス文化なんだね〜。
日本人にも親しみやすい。

サイドメニューも充実しているので数人で色々なものを注文したくなる店でした。
また行きたいニャ〜!

ところで余談ですが「ビルマの竪琴」が「ミャンマーの竪琴」だったら
あれ程ヒットしなかったんじゃないかと・・・。
名前は大切!

ミャンマー料理って、どんなん?と思ってる人は是非!

ミンナラバ [ エスニック、無国籍料理 ] - Yahoo!グルメ




posted by ピエール at 10:33| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 新宿区(高田馬場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モモンガーみたいなモヒンガーって美味しいのですか???
一度も食べたことがないですし、ミヤンマー料理って馬場はそんなに集中してあるのもすごいですね。
Posted by かりん☆ at 2007年10月04日 01:39
>かりん☆さん
モンヒンガーは美味いっすよ!
高田馬場はホント不思議な街です。
ミャンマー料理が食べたくなったら是非、高田馬場へ!!

いつでもご案内致しますよ┌|゜ο゜|┘
Posted by ピエ〜ル at 2007年10月04日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。