2006年08月29日

「マハティール」(大久保、新大久保)

〓〓〓〓[〓E????〓〓[.jpg「マハティールでアジのカレー!」(大久保、新大久保)
住所:〒169-0074 東京都新宿区百人町1-17-10
         S.T.ビルB1 

携帯地図:詳細 普通 広域
電話:03-3367-3121 
味:★★★☆
安さ:★★★☆
個性:★★★★

〓〓〓〓[〓??.jpg〓〓〓〓[〓〓g°??q.jpg








大久保〜新大久保〜西武新宿駅は「魔の三角地帯」とも
言うべき怪しさに満ちている。
まあ、「不気味さ」では大阪の新世界一帯
「恐ろしさ・おぞましさ」では福岡の○○地域には
敵わないだろう。

普通の住宅街にラブホテルが当たり前のように建っている。
住宅街でマッサージの呼び込みなんて普通ないやろ!
韓国とタイと日本がブレンドされていますが、
調和が取れてません・・・。

韓流スターのお店におばちゃんが沢山いるのが、
なぜか不憫に思えてなりません。
自分の親にはああなって欲しくないです。

それはそうと「マハティール」。
最近マレー系やらシンガポール系やら色々と行ってますが、
マレーシア料理の専門店としてはかなりの本格派です。
多分、前首相のマハティールに因んでつけた名前だと思います。
若かりし頃の写真が沢山貼ってあった。
ちっちゃいゴキブリ?も沢山いました・・・。

注文したのは「アジのカレーライスと揚餃子(合計1554円)」。
メニューの写真ではそんなに大きく見えなかったのに、
大きめの皿にアジが一匹、カレースープの中に沈んでいます。
これは腹一杯になりそう・・・
案の定、スープを全て飲むことは出来ませんでした。

味の方は、酸味がかなりキツイです!
タマリンド(アッサム)という香辛料の酸味だけなのか?
慣れないすっぱさです。
ココナッツミルクも入ってるのかな?
とにかく酸味に全て負けてます。アジの味がよく分かりません。
肉系の料理のほうが合いそうな気がしますが、
あちらの国では魚料理のほうがメインのようです。
まあ、イスラム教国だから仕方ないのかな〜。

油も多いのでこのスープを全て飲むのは日本人には
難しいんじゃないかな?

ホームページにメニューがそのまま載ってますので
見て欲しいですが、ホントに色々あって楽しそうです。
次回はカレー以外のメニューを食べてみたい。

別のお客さんと話しているのを聞いてたのですが、
マレーシアではお酒・タバコの値段が高いそうです
(イスラム教だから)
ビールが一杯500円くらいなので、
日本とほとんど変わらないそうです。
ただ料理等、他の物価はかなり安いので、
500円でお腹一杯になるとのこと。

さらに、基本的に宗教は自由主義(中華系・インド系・
マレー系の多民族国家)なので、イスラム教もそれほど
厳格ではないそうです。
恋愛も自由だし、一夫一妻が普通。
女性もベールで顔を隠さない人が多いようです。

ただ、やはりイスラム教徒ということで、911テロ以降、
東京のマレーシア人も日本に居づらくなったらしく
(色々と調査があったようです)、かなり人は減ったとのことです。
う〜ん、なるほど、なるほど!勉強になった夜でした。

余談ですが、店内の椅子で猫が悠々と寝てます。
本格的なマレー料理が食べたくなったら是非!

posted by ピエール at 00:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 新宿区(大久保・新大久保) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

マレーシアは3回旅行に行ってきましたが、
マハティールは良いお店ですね。
現地でいただける、日本では珍しいロティ・チャナイが
いただけますよ。
かなりオイリーですが、美味しいです。

あと私もカレーの酸味はきつかったですが、
魚介系のカレーはそういうタイプで、チキンや
マトンはタイのイエローカレー寄りのココナッツの
効いた辛さひかえめのルゥになってます。
次回はそちらのカレーを注文してみてはいかがでしょうか。

それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2007年05月20日 12:32
ロティ・チャナイ・・・・初めて知りました。

最近行ってないので、行きたくなってきました。
池袋のマレーチャンもけっこう美味しいですよね。
Posted by ピエ〜ル at 2007年05月20日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。