2011年11月15日

「カリーリア・ラ・エルバ(Curryria La Erba)」埼玉県・西川口

「カリーリア・ラ・エルバで欧風カレー」

DSCF8335.JPG

( ゚∀゚)ノ 夜はイタリアンのお店やで〜!

住所:埼玉県川口市西川口6-5-3  
電話:048-235-2788  定休日:木曜
お店のHPは→こちら
味:★★★★☆ 個性:★★★★☆  

「何でこんな場所にこんな物が!?」ということがたまにありますが、今日は西川口最大の謎とされるカリーリア・ラ・エルバに行ってきました。

初めて訪問した時に「何で西川口でやってるんですか?」という疑問の声を上げたことは言うまでもない。
それは訪れた人にしかわからない当然の疑問なのだが、あのマヤ文明を築きあげたマヤ人が忽然と姿を消したように、こちらのお店も西川口から突如消えることも遠い未来のことではないように思える。

そんな不思議なお店を紹介しようと思うのだが、実は以前に一度紹介していることを恐らくまだ誰も気づいていない。

なぜなら僕のブログを読んでいる人がどんどん減っているから・・・

カリーリア1.jpg

こちらは食べログを見るとオシャレなスタンドカレーにしか思えないが、実はイタリアンのお店です。
しかもかなり本格的な・・・

僕も店名がカリーリアなので単なる欧風カレーの店と思って入ったのですが、カレーは3000円のコースメニューしかないし、単品メニューはカレー屋さんとは似ても似つかぬ物ばかり

事情を伺うと「ランチは欧風カレー店でディナーは完全なイタリアンに変身する」とのこと。
ところが食べログを見ても昼のカレーしか頼んでる人がいないので、夜も勘違いして(知らずに)カレーだけを食べたくて来店される人が多いようです。

実際に僕もそうでしたし、カレーを食べるつもりで来たもののコースしかないので帰って行くお客さんを見かけたこともあります。
せっかく来たんだから何か食べて行けばいいのに〜と思うのですが、サラッと食べて帰りたい人にとっては無駄なことなんでしょうね。

ということで2人で行ったので「カレーコースとパスタコース(各3000円)」を食べることにしました。



「水牛のモッツァレラ」
DSCF8320.JPG

上に乗ってるものはチンタセネーゼのラルド。
ラルド(ラード)とは豚の背脂で、昔は「貧乏人の生ハム」と言われてたらしい。

いつの間にかイタリアでは定番の食材になったらしく、このチンタセネーゼのラルドに至ってはかなりの高級食材らしいです。
脂だけに舌の上で溶ける感覚は高級生ハムを凌駕してますね

ラルドの塩気とモッツァレラがよく合います。



「イサキのフリット」
DSCF8327.JPG

以前にイサキのカルパッチョをいただきましたが、今日はフリットでいただきました。

こちらのお店はメニューもあってないようなものなので、黒板に書いてない食材もあれば、黒板に書いてない料理もできます
食材と食べ方を伝えれば色々と作ってくれます。

以前に僕が「山形牛のサーロイン炒飯」を作ってもらったように・・・



「白子のパスタ(ハーフサイズ)」
DSCF8330.JPG

はっきり言って白子は嫌いです!

でもここのお店なら嫌いな白子を美味しく頂けるのではと思い、言われるがまま白子パスタを食べたのだが・・・

(≧∇≦)ノ やっぱり美味っす!

ちなみにパスタの具材も良い意味で適当です。
この日は白子がおススメだっただけで、違うものが食べたければ他のものを指定すれば大丈夫でしょう。
「前菜からメインまで全て海鮮で作って下さい」と伝えればたぶん作ってくれると思います。
(食材があればだけど・・・)



「欧風カレー(ハーフサイズ)」
DSCF8333.JPG

カレーもパスタも食べたかったのでそれぞれハーフサイズにしてもらいました。
カレーの上に乗ってる黒い線はバルサミコ、白い物はチーズではなくジャガイモのピューレです

このカレーがまた美味いんですよ。
見た目は欧風特有の濃厚感がありますが、食べてみると意外と軽く優しい味わい。
食後の胃もたれ感が全くありません

カレーにソースを入れる人なら見たことありますが、バルサミコを入れてるお店は初めてですね。
もしかしたら隠し味で入れてるお店があるのかな?
非常に気になりますが、この味ならカレーだけ独立させてチェーン展開しても面白いかもしれませんね。



「貴腐ワイン」
DSCF8336.JPG

コースとは別に注文したワイン。
何でも甘口なのでデザートワインと言われているらしい。
値段は1500円くらいだったと思う。

以前にこちらのお店のメニューで見たことがあったが、余りの値段にビックリした記憶がある。
ネットの通販で調べてもわかるが「750mlでこの値段かよ!」と思うワインです。

ちなみに白ワインにシロップを入れると貴腐ワインの味になると言ってる人がいたので、興味のある人は試してみて欲しい
先ほどの「貧乏人の生ハム」みたいに「貧乏人の貴腐ワイン」としてイタリアンの定番になるかもしれない。



カリーリア2.jpg

最後にデザートとコーヒーをいただきました。

デザートも二人だったので一種類づつ別のものを。


ということで、こちらはかなりおススメのイタリアンです。
今日紹介したものは、まだまだ序の口にしかすぎません。
他にも珍しくて面白く、そして美味しい料理がたくさんあります。

席がカウンターのみで8席ほどしかありませんので、夜に行かれる方は予約された方がいいかもしれません

ほな、また〜!(^-^)ノ~~


「第2回 カリーリア・ラ・エルバ」は→こちら


posted by ピエール at 22:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 埼玉県(川口・西川口) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私も白子は嫌いです。
しかし、あちこちと食べ歩いて
凄いブログですね。
この欧風カレーも魅力ありますね。
Posted by のんびり at 2011年11月23日 11:53
>のんびりさん
はじめまして( ゚∀゚)ノ
白子はどうも好きになれないですね。
嫌いな食べ物はあまり無い方ですが、白子だけは苦手です。

こちらのお店はおススメですよ〜。
欧風カレーのもったり感が苦手な方には特にお勧めです。
Posted by ピエール at 2012年01月03日 02:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。