2011年12月24日

「カマルプール(後半)」江東区・木場

「カマルプールでポークビンダルー」

DSCF9115.JPG

( ゚∀゚)ノ 牡蠣チャーハンやで〜!

それにしても木場なんて今まで足を踏み入れたこともなかったが、何でこんな場所にお店を開いたんだろう。
店主さんが住んでるだけかもしれないが、これは木場の奇跡だ!
近所に住んでいたら通うこと間違い無しだろう。

関西人なら「気張ってんな〜」とつまらないダジャレを言うところだろうが、そんなレベルを軽く凌駕している。
(気張ってるってそもそも関西弁かな?)

ということで、後半戦はカレーとチャーハンだ!


DSCF9093.JPG

(;゚д゚) お、掟破りのグリーンカレー?

突如目の前に現れたムール貝のグリーンカレーに度肝を抜かれたことは言うまでもない。
タイ風グリーンカレーなのかグリーンカレー風インドカレーなのか、それが問題だ・・・

でも一番の問題は俺にその違いがわからないことだ。

ただタイのグリーンカレーはチキンとか変なキノコが入っていて癖が強いイメージがあるが、こちらのカレーは癖のないスープカレーといったところ。
風味と色合いだけがタイ風グリーンカレーということであろうか。


能書きはいらない!味が良ければ全てよし!




DSCF9096.JPG

まさかのポークビンダルー。
ポークビンダルーって食べられるお店が少ないのですが、僕のブログでも「ポークビンダルー」で検索したら小金井のお店しか出てきませんでした。

ビジュアルは全く違いますが、味もかなり違うと思う。

大きめの豚肉が煮込まれたちょいと酸味の効いたカレー。
他の方々にも好評でしたね。



DSCF9104.JPG

豆とほうれん草のカレー。
優しい味のカレーなので、そのまま食べるか他のカレーに混ぜて食べるといい!




DSCF9112.JPG

余談だがラムチョップを頂いた際、店員さんに「ヘルシオで焼いたんですか?」とグルメ評論家らしい鋭いツッコミを入れたのだが、残念ながらヘルシオをご存じなかった。

「何でやねん!電子レンジでチンしただけや、お前もチンチンしたろか!」という予想外の切り返しを期待したのだが、俺の妄想はそこで潰えた。

若い読者の皆様は「居酒屋の店員さんをからかうのはオヤジの始まり」という格言があることを忘れてはいけない・・・

ちなみにラムチョップはタンドールだけで焼いているそうです(そりゃそうだろ・・・)。



カマルプール4.jpg

キーマとラッサムです。
どれが通常メニューで何が特別メニューかわからないが、どれも美味いのでビックリだ!

ちなみにラッサムはさらさらスープ系ではなく、少しとろみのある濃厚なラッサムだ。
強いて言うなら墨田区の名店のラッサムに似ている気がする。

このラッサムもご飯にかけて美味いのは勿論のこと、他のカレーと混ぜて食べても美味しいぞ。



IMG_0517.JPG

カレーで終戦の時を迎えたと思っていた我々の前に現れたのはチンギス・ハーンもビックリの牡蠣チャーハン!
あの上田馬之助も霊界で驚愕しているであろう。

牡蠣の香りが漂う爽やかなインド風チャーハンは、カレーでお腹一杯になった我々の腹を完全にメタボにしてしまった。
これぞカマルプールのリーサル・ウェポンだ!


ヽ(´∀`)ノ 満喫!満腹!大満足や〜!


ということで、木場観光に行かれる方は是非ともディナーはカマルプールで!
絶賛お勧め中です。

ほな、また〜!(^-^)ノ~~

「カマルプール」の店舗情報は→こちら



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。