2007年03月05日

「SWATANTRA(スワタントラ)」 (江古田)

X^gEA`bg.jpgX^g`iJ[.jpg「SWATANTRA(スワタントラ)」 (江古田・新桜台)
http://www.geocities.jp/swatanjp/
住所:練馬区羽沢1-11-4
携帯地図:詳細 普通 広域
電話:03-3948-1012
営業時間:11:30〜14:30
     17:00〜21:00
定休日:月曜
味:★★★☆
個性:★★★★
コスト:★★★




X^gE.jpgX^gE]Oc.jpgジムに行って久しぶりに筋トレしたら、
すげ〜腹が減ったので19時に店内へ。

ここは以前「Poor House(プアハウス)」
行った後に散歩してたら見つけたお店です。
武蔵野音楽大学のすぐ側にあります。
隣がフランス料理屋さんなんですが、
住宅街にあって非常に目立たない。

なんだかお客さんがいる気配がない。以前に前を通ったときも
お客さんの気配がなかった。
とりあえず勇気を出して店内へ入ると、やっぱりお客さんがいなかった。
しばらくしてから常連さんらしき2人が入ってきたが、一見さんは
ほとんどこないのかな?大学関係者がメイン客かな?

ここは「インド・ネパール料理」ということです。
とりあえず今日のお勧めと書いてあるので「チャナ・カリー(1050円」
注文。お昼に続いてまたもや豆のカレーです。
ナンは「プレーンナン(315円)」しかありませんでした。
それと「アルチャット(420円)」(ジャガイモをヨーグルト、香辛料、
コリアンダーで和えたサラダ風和え物)を注文。

まずアルチャットはコリアンダーがかなりきてます。
ちょっとクセのあるジャガイモになってます。でもクセのある物も
好きなので美味しくいただきました。
赤ワインに合いそうな風味でした。

カレーもスパイスの風味が際立ってます。何のスパイスが入ってるのか
わかりませんが、これまた個性的な味わいです。
辛さは特に伝えなかったのですが、チョイ辛程度でした。
水分の少ないカレーなので味はけっこう濃厚です。
しかし豆、トマトがたっぷり入っているので、濃厚さも中和されて
ちょうどいい塩梅になっております。

ナンはそれほど大きくないですが、パリッとした香ばしさのある
僕好みのナンです。
カレーの水分が少ないですが、パリっとしたナンによく合います。

このお店はオードドックスなメニューも揃えつつも、個性的な
サイドメニュー、デザート
があります。ワインもアルゼンチンワイン
なども揃えています。

余談ですが店長さんがお一人でやってらっしゃるようで、ホームページを
拝見するとネパールで5年ほど修行を積んでこのお店をオープンさせた
ということです。
また「スワタントラ」とはネパール語で、自由とか独立という意味だそうです。
なるほど、昔のネパールは民主化運動が盛んだったんですね。
今も続いているのかな?

この後、ふらふらと散歩していると本当に迷子になってしまい、
非常に困ったのですが、世の中便利になったな〜!
EZナビウォークのおかげで無事に駅にたどり着きました。
こんなに便利だとは思わなかった。いい勉強になりました。



posted by ピエール at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 練馬区(江古田・新桜台) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

カレーランチ@江古田
Excerpt: ななです。今日は久しぶりに朝からいい天気!張り切って洗濯してきたよー。あ〜梅雨明けが待ち遠しいなー。相変わらずカレーな日々を送っております。実はわが地元、練馬区ってカレー屋さん多いんですよ。今日は江古..
Weblog: エセ秘書の日常茶飯事
Tracked: 2007-07-24 15:03
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。