2007年03月18日

番外編・イスラエル料理

V}CR.jpgV}CP.jpg「SHAMAIM(シャマイム)」 (江古田)
2007年3月17日(土)
住所:練馬区栄町4-11
   アートビル 2F

携帯地図:詳細 普通 広域
電話:03-3948-5333
営業時間:火〜金 17:00〜24:00 
     土・日 12:00〜24:00
定休日:月曜
味:★★★
個性:日本で唯一のイスラエルレストラン
コスト:★★★

<ぐるなびクーポン>
V}CQ.jpgV}CEX[v.jpg


以前、練馬のカレー屋さんに行く際に
電車の中からこのお店の看板を見つけて
興味を惹かれました。
「日本で唯一のイスラエル料理店」とある。
ホンマかいな?

もちろんカレーは無い!

民族料理ブログになりそうだけど、東京にはホントに色々なお店が
ありますね。モンゴル料理も行ってみたいし、トルコ、ロシア、
アフガニスタン、アフリカ・・・等々。
素敵なお店を沢山紹介できればいいなあ、と思っとります。

さて、このお店は結構安いです。おまかせ料理のコースは2100円です。
しかもおまかせ料理は全て食べ放題。
無くなれば追加で注文すればOK。大食漢の人にはうってつけのお店です。
僕のように小食だとピタパンくらいしかおかわり出来ない。

早速、イスラエルのビール「マカビー(735円)」を注文。
炭酸が弱いのかな?非常に飲みやすいです。
ビールは日本の方がクセががあるような気がするが如何?
他にはイスラエルのワインも飲んでみました。イスラエルって
葡萄採れるの?地理や農業状況がわからないが、葡萄だけ輸入して
イスラエルで作ってるのかな?

ちなみに美味しかったのは最初に出された「トマトとひよこ豆のスープ」
スパイシーと書いてあるが、特に辛さは感じなかった。
それにしてもインドから中東にかけてはひよこ豆がメインの豆なのかな?
もう一つ美味しかったのも「ファラフェル」という、ひよこ豆の
コロッケ

これはひよこ豆を砕いて野菜と一緒に団子状にしたコロッケで、
ベジタリアン料理の一つだそうです。

で、他の料理はというと普通です・・・。
「フムス」という、これまたヒヨコ豆をペーストにしたもの
あるのですが、これをピタパンの間に塗って、先ほどのコロッケや
カツ、野菜を挟んで食べます。
どれもこれもあっさり味で、強い個性と言うかクセは感じません。
う〜ん、意外と書くことが無い・・・。

ちなみに「チキン シニッツェル(チキン・カツ)」や
「シシカバブ」、「チキン シシリック(串焼き)」は
インド料理屋さんのほうが圧倒的に美味いです。
やっぱり「炭焼き系」はインド料理か福岡の焼き鳥が双璧です!!! 

そういえば、最後に注文した「アラビアン・コーヒー」
(カルダモン入りのコーヒー)は美味
でした。
コーヒーにカルダモンが入っているようで、不思議な味わいです。
最初から砂糖が入っているようだが、それほど甘くない。
甘ったるいチャイよりもこのコーヒーの方が僕の好みです。

ちなみにお客さんの外国人比率が非常に高い!
練馬はイスラエル人街かよ!と思うくらいに外国の人が多い。
シェフは白人だし、お客さんも白人や茶褐色の人種など色々。
一緒に来た友達に「ユダヤ人には白人がいたり中東系の顔の人がいたり」と
あれこれとウンチク解説をしていたのに、最後に店員さんに聞くと、
「イスラエルの方は少ないですね。インドの方が多いです」だってさ!

俺の知ったかぶり解説はどうなるんだよ!というかインド人って
日本にそんなに住んでるの?
まあ、ひよこ豆料理とかシシカバブとかインドの料理に近いから
来るんだろうけど・・・。

まあ、何はともあれ、楽しく飲んで食べれたので満足です。
posted by ピエール at 03:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区(江古田・新桜台) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。