2007年05月03日

「アジアンキッチン バグース(芭寓巣)」(阿佐ヶ谷・南阿佐ヶ谷)

oO[XECG[J[.jpg「アジアンキッチン バグース(芭寓巣)」
      (阿佐ヶ谷・南阿佐ヶ谷)
2007年5月2日(水)
住所:杉並区阿佐谷北2-38-23
地図:詳細 普通 広域
電話:03-3223-2894
営業時間:18:00〜25:00
       日曜は24:00まで
定休日:毎週火曜、第三水曜

味:★★★☆
個性:★★★★
コスト:★★★☆


<グルメウォーカー・クーポン>
阿佐ヶ谷の月も綺麗です。オジーオズポーンじゃないが、月に吠えたくなります。
せっかくの連休前の夜ということで、「バンダリ」でインドカレーを食べた後、
阿佐ヶ谷を散歩。
それにしても阿佐ヶ谷は奥深く吸い寄せられるような町です。
後50、さらに50mと、この先に何かあるんじゃないかと期待させる不思議さがある。

火遊びを覚えた子供が、最初はティッシュ、次はダンボール、
いつかは木造家屋、憧れは「くまえり」と燃やしたくなる対象がどんどん
拡大していく様に似ています(似てねぇな!)。

余談だが「加賀まりこ特集」のポスターやガンズ&ローゼス、
ヨーロッパのツアーポスターがあっちこっちに貼り付けられてる街は
あまりないように思う。
まあ、「加賀まりこ」特集は阿佐ヶ谷の「ラピュタ」というところで
上映しているようだが・・・。


oO[XE.jpg

さて、ここ「バグース」は散歩していて見つけたお店です。
ちなみに「バグース」とはインドネシア語で「最高」という意味だそうです。
色んなメニューの中にタイカレーのメニューが入っていたので
30分前に「バンダリ」で食べたにもかかわらず、吸い寄せられるように
入ってしまいました。

カレーは3種類で「海老のグリーンカレー」「鶏肉のレッドカレー」
「豆と野菜のイエローカレー」
です。すべて840円。安い!
ちなみにカレー屋さんではなく、アジア料理居酒屋みたいな感じです。
チヂミやサテーやナシゴレンなど各地のアジア料理があります。

お酒の種類も豊富ですが、お酒を頼むとチャージとして320円とられます。
僕は酒まで飲んだらカレーが入らないと思い、「豆と野菜のイエローカレー」のみ注文。

oO[XE.jpg

具材はヒヨコ豆、赤インゲン、竹の子、ナス、オクラ、生姜などが
入ってます。
ヒヨコ豆や赤インゲンの入ってるタイカレーって珍しいと思う。
メニューに「レモングラスとこぶみかんの葉が独特の風味を出します」
さらに「ココナッツミルクと唐辛子が美味しさの秘密」と書かれてある。

それほど独特感(クセ)は感じなかったが非常に美味しい!食べやすい!
タイカレーは苦手な人が多いそうだけど、ここのカレーなら美味しく
食べられるんじゃないかな?僕は全く苦手意識がないので、どこの
タイカレーでも食べられるけど・・・。

ご夫婦だけでやってらっしゃるようなので、座席数はそれほど多くない。
夜遅くまでやってるので、突然タイカレーが食べたくなった阿佐ヶ谷市民にとっては
貴重なお店になるでしょう。


oO[XEJ.jpg

アジアンキッチン バグース(芭寓巣) [ エスニック、無国籍料理 ] - Yahoo!グルメ


posted by ピエール at 11:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 杉並区(西荻窪・井荻・高円寺・阿佐ヶ谷) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。