2007年05月03日

「RAHI PUNJABI KITCHEN(ラヒ・パンジャービー・キッチン)」(西荻窪)

qpWrESi.jpg「ラヒ・パンジャービー・キッチン」(西荻窪)
HP:http://rahi.jp/contents/index.html
住所:杉並区西荻南3丁目15-17-2F
地図:詳細 普通 広域
電話:03-3331-7860   定休日:月曜
営業時間:11:30〜14:30(ランチは土日のみ) 17:00〜23:00

味:★★★☆  個性:★★★☆  コスト:★★★

<ヤフー!クーポン>


総武線・東西線の高田馬場〜吉祥寺はカレーの激戦区ですが、
その中の西荻窪に今日はやってまいりました。
ここ「ラヒ・パンジャービー・キッチン」は駅から100mほどで
非常に近いのですが、かなり目立たないところにあります

西荻窪駅の南口を出て、みずほ銀行の角を左に曲がると、
「こけし屋」(大人のオモチャ屋さんではない!)というお店があります。
そこから数十メートル歩いて左の小道に入ったところにお店があります。

Rahi(ラヒ)はウルドゥー語(どこの言葉やねん!)で「旅人」という意味だそうで、
パキスタンの家庭料理(要はカレー)を提供してくれるお店です。

qpWrE.jpg

ランチセットは4種類あり、すべてサラダとラッシー、
全粒粉入りのナンorライスが付いてきます

「Aセット(900円)」(本日の野菜カレーと本日の豆カレー)
「Bセット(980円)」(本日の野菜カレーと本日の肉カレー)
「Cセット(850円)」(本日の野菜カレー)
「Dセット(880円)」(本日の肉カレー)

僕は「Aセット」を注文。ほうれん草とパニールのカレーと
ムーング豆のカレー
です。
ムーング豆って要はレンズ豆のことかな?インドカレー屋さんで
よく見る豆です。


qpWrEJ[.jpg

カレーは食べた瞬間に「あれ?いつものインドカレーと違う!」
と感じます。でもどこがどう違うのかわからない。
う〜ん・・・これは・・・
お〜!そうだ!カレーにソースを入れた時の味です。
もちろんソースじゃないとは思うが、一番イメージしやすい例えだと思います。

カレーだけで食べるとかなり濃厚な感じがしますが、ナンと一緒に
食べると丁度いいくらいです。
というのも全粒粉のナンなので香ばしくて、ナン自体の味がしっかりしてるため、
カレーの濃厚さを消してくれます。
普通のナンだったらちょっと味が濃く感じるかも。

辛さは大・中・小とあり、僕は中辛にしましたが全然辛くありませんでした
多分、辛党のおっさんさんのような方にはかなり物足りないかと思います。

疑問に思ったのは、全粒粉を使ってる場合、ぐるぐる巻きにして「ロティー」と
名乗るのが普通だと思うんだけど、このお店では普通にナンにしてます。
パキスタンではロティーにしないのでしょうか?家庭料理だからでしょうか?
まあ、食事は美味しければそれでいいんですけど・・・。

野菜と豆をメインにしたり、全粒粉を使ったりと、健康志向の人には
いいお店だと思います(イスラム教国の料理だからだと思うが)。


qpWrEJ[.jpg

ちなみに店内は10人くらいしか座れません。カウンターに2席ありますが
パソコンやいろんな物が置いてあって、とても食事ができる状態では
ありません。

今日は14:30頃に行ったのですが、お客さんが二組。後からおじさん客が一人、
と目立たない割りにお客さんが多い。
開店して1年ちょっとらしいので、地元での知名度もあがってきてるのかもしれない。


qpWrEX.jpg

ラヒ・パンジャービー・キッチン [ カレー ] - Yahoo!グルメ



posted by ピエール at 22:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 杉並区(西荻窪・井荻・高円寺・阿佐ヶ谷) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辛さの件ですが、こちらのお店のカレーを堪能するなら中〜大が
いいと思いますけど、めちゃくちゃ辛くして下さいとお願いすると
対応して下さるみたいですよ〜
ほっとする家庭的な味&接客が気持ちいいお店ですよね♪
Posted by at 2007年05月13日 17:44
ホントいいお店です。

西荻窪界隈はカレー屋さんが沢山あっていいですよね。

開拓が楽しみです。
Posted by ピエ〜ル at 2007年05月21日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ウルドゥー語ウルドゥー語(????)はインド・ヨーロッパ語族インド語派に属する言語の一つ。ヒンドゥスターニー語の方言。パキスタン、インド北部を中心に、世界で20番目に多い1億400万人の話者人口を持つ..
Weblog: アジアで使われている言語
Tracked: 2007-10-13 13:49
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。