2007年07月08日

「nirvana new york(ニルヴァーナ・ニューヨーク)」(六本木・乃木坂)

j@[iE2000~.jpg「ニルヴァーナ・ニューヨーク)」
       (六本木・乃木坂)
2007年7月7日(土)
HP:http://www.nirvana-newyork.jp/index.html
住所:港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン
      ガーデンテラス1F D-0120

携帯地図:詳細 普通 広域
電話:03-5647-8305
営業時間:11:00〜15:00
      17:00〜22:00
定休:年中無休
味:★★★
個性:★★★
コスト:★★★☆




今日は以前の「珠玉」メンバーとともに東京ミッドタウンへ。
庶民ピエ〜ルもついに六本木進出です。
11:00オープンということだが、興奮して30分前集合をしてしまった。

~bh^E2.jpg

それにしても便利ですね。大江戸線の改札からそのまま繋がってます。
六本木ヒルズのように複雑な構造じゃないので、迷うことは無いと思います。
われわれは迷いましたが・・・・。

10:30ということで、レストラン街の入り口のシャッターは閉まってますが、
続々とお客さんが集まってきます。

少しうろうろしてると、前からsamuraiさんらしき人が・・・

「あ〜っ!ピエ〜ルさんっ!」

ちょ、ちょっと、ちょっと・・・声がでかいよsamuraiさん!
みんな見てるよ!
たしかに、ピエ〜ルだけどさ〜・・・。

これからオフ会では「山田くん」とお呼び下さい・・・ヾ(´д`)ノ゜

若干恥ずかしい思いをしながらも、いつの間にかシャッター前は
ヌーの死骸に群るハイエナのような群集でいっぱいです。
さらによく見ると、我らがカレー集団(8名)はシャッター前の最前列に
陣取ってるじゃないですか!
う〜ん、恐るべき執念・・・

j@[iEnCGi2.jpg

しかも警備員から「絶対に走らないようにお願いします!」との警告まで受けてる。
でも、さすがに最前列に陣取っていただけのことはあります。
お店の前でも先頭にならび、一番最初に入店。

ランチタイムはビュッフェ形式で2000円です。
カレー集団は着席するやいなや、料理を取りに行こうと席を離れて、
店員さんに制止される始末。店員さんの説明が先ですよ!
カレーに対しては常にハイエナのような精神を忘れていません。
敬服致します・・・ヾ(´д`)ノ゜

j@[iEoeBX}CX.jpg

カレーに限らず全体的に薄味です。辛さも香りも押さえ気味です。
多分カレー好きの人にはかなり物足りない味付けだと思います。

j@[iEJ[.jpg

しかし、さすがはcurryvaderさん、慧眼です。
「デートに利用するにはこれくらいがいいんじゃないか」

なるほど、その通りです。
東京ミッドタウンは「カレー・バカ」のためにある施設ではありません。
カレー・バカ介護施設と思ったら大間違いです。
見渡せば「女性だけのグループ」、「若いカップル」、「ほのぼのした家族」・・・

どこにもカレーに群がって写真を撮ってる人はいません。
「行きたいカレー屋さん」をノートにリストアップしてる人もいません。
「早くビール持って来てよ!」なんて言うお客さんもいません。


カレー臭いまま、ミッドタウン内をうろつくのも迷惑だし、カレー臭いまま
デートを続けたくないでしょうから、それを考えるとお店の配慮が
感じられます。

そこまで考えたお店も素晴らしいが、それに気づいたベイダーさんも
只者じゃありません。曲者です。

j@[iEWKC.jpg

j@[iZ{EfU[g.jpg

ちなみに、タピオカヨーグルトやケーキ、ライチ、ゼリーなども
あって、メニュー数は充実してます。
これで2000円なら価値があると思います。
デート兼2000円ならもっと価値があると思います。

「大切な人と一緒に食べて欲しいです・・・(涙)」

映画の宣伝のようなコメントが似合うお店です。



さて、食後は皆で東京ミッドタウンを散策。

トレーナーみたいな服が50万円。40万円・・・・
30%引きのセール品も定価が15万円・・・・
や、や、安くなってますね・・・・。

さらに地下にあるスーパーに移動したカレー集団はそこでも本領発揮!
巨大ホッキ貝、巨大エリンギ、巨大エダマメ・・・行く先々で大騒ぎ。
はっきり言って、ニルヴァーナよりスーパーの方が盛り上がってました。

その後、45階のリッツ・カールトンに移動したのですが、これがまた
お金持ってそうな人が沢山いるっぺよ。
若い人は「せれぶ」とか言うんかいの〜?
いや〜、上品なお嬢さんばっかりじゃ〜。

リッツ・カールトンは自殺の名所ならぬ、誘拐の名所になるかもしれませんね(samurai説)。
右も左もセレブですよ。
ウロウロしてる人は駄目だが、食事してる人はかなり狙い目だと思いますよ(冗談)。
セレブの皆様、お気をつけ下さいませ。


ちなみにセブンイレブンも街中にある、緑に「7」の看板が見当たりません。
なんだかおしゃれな「seven-eleven」になってます。

来た時は「庶民ピエ〜ル」でしたが、帰る時は「貧民ピエ〜ル」
ような精神状態でした・・・


帰り際、ベイダーさん「TSUTAYA」に連行されたのですが、そこで
「デトロイト・メタル・シティー」なる幻の文献を手にすることが
できました。

でも、これはまた別の話・・・


まともなカレーの記事(Lakuさん)なら→こちら

samuraiさんの記事は→こちら







この記事へのコメント
あの後、ピエ〜ルさんの姿が見えなくなったので、
入り口でみんなで「ピエ〜ル!!」を連呼してしまいましたが何かww?

いやー、ホントすごかったですねここは。
まあカレー野郎をコンセプトにしてないのは明らかですし。
たまのデートに使うのが吉ですかね。
Posted by samurai at 2007年07月08日 15:37
確かにデートにはピッタリ(笑)な場所でしたね!あの巨大野菜を扱うスーパーは他には見かけないので、ついつい興奮してしまいました(笑)これに懲りずにまた一緒にカレーを食べに行きましょう!  …カレーバカ介護施設が将来、あってもいいですね(笑)私たちがお世話になる頃には、ほんとにあったりして!…ないかっ^ロ^;
Posted by JUNチャンです。 at 2007年07月08日 22:57
ピエールさんもこっちの仲間入りですね!
そんな冷静に他人の視線を気にしていてはダメっすよw

DMC見ちゃいましたね。
これでピエールとは名乗るのが恥ずかしくなったはずですww
Posted by curryvader at 2007年07月09日 01:19
>samuraiさん
一般人(僕も含む)を対象とした名店ですね。
デートで使わないと・・・。


>JUNちゃん
シディークが「カレーの介護」というサービスを
始めるそうです(ウソ!)。
Posted by ピエ〜ル at 2007年07月09日 01:29
>curryvaderさん

DMC・・・大爆笑でした。
大江戸線で読むのはあきらめて、浅草のマックで読んでましたが、
いい大人が一人で笑ってるのは、かなり恥ずかしいです。

早く2〜3巻が読みたいです。

Posted by ピエ〜ル at 2007年07月09日 01:37
DMCおもしろいですよね。
ところでミッドタウン散策、あれぞウィンドショッピングの極みでしたね。
MUJI以外は。
Posted by terutonetu at 2007年07月09日 13:19
>terutonetuさん
DMCかなり笑いました。
ミッドタウンも公園も、散歩するだけで楽しそうですね。

実は僕も行きたいカレー屋さんの地図を作り始めました。
(ネットから印刷してるだけですけど)
Posted by ピエ〜ル at 2007年07月10日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『ニルヴァーナ(NIRVANA New York)』
Excerpt: インド料理 六本木 港区赤坂9-7-4 D-0120 ガーデンテラス1F http://www.nirvana-newyork.jp/ ●仔羊の挽肉とグリーンピースのカレー ..
Weblog: かれー生活!
Tracked: 2007-07-10 10:21

六本木 「Nirvana New York(ニルヴァーナ・ニューヨーク)」
Excerpt: samuraiです。 今日は六本木にある「東京ミッドタウン」にやってきました。 このセレブの空間に全く似つかわしくないこの僕w。 ていうか、来たことないですし。 なんすか、この魔界の城はww。..
Weblog: カレー侍
Tracked: 2007-07-19 14:40

No.741 Nirvana New York (ニルバーナ・ニューヨーク)
Excerpt: おはようございます、curryvaderです。 今日はアウェイ中のアウェイであり、 絶対に自ら足を踏み入れないであろう六本木はミッドタウンにやってきました。 集合したのはこちらのメンバー..
Weblog: CDET!! (Curry Delicious Ecstasy Trance)
Tracked: 2007-08-01 07:50
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。