2007年08月29日

「びるまの竪琴」(恵比寿)

тGES1960~.jpg「びるまの竪琴」(恵比寿)
HP:http://www.towntown.jp/item/Biruma/Tategoto.htm
住所:渋谷区恵比寿2丁目8-13
     アクセスビルディング1F

携帯地図:詳細 普通 広域
電話:03-5420-1686
営業時間
平日 11:30〜14:00、18:00〜23:00
土祝 18:00〜23:00
定休日:日曜

味:★★★
個性:★★★★
コスト:★★★


-----------------------------------------------------------------------------------------------
先日、たあぼうさんのブログを見ていたらビルマ料理(ミャンマー料理)の
お店が載っておりました。
ビルマと聞いて行かないわけにおれようか!いや、おれまい!
ということで、大至急!恵比寿に向かいました。

以前にも書いたが、中井貴一の出世作「ビルマの竪琴」も「ミャンマーの竪琴」
というタイトルだと、あれほど売れなかったに違いない!
といっても、不肖ピエ〜ルは「ビルマの竪琴」を見ておりませんが・・・。

やはり、日本人って語感を大切にする民族だから、「ビルマ」という語感に
居心地の良さを感じるんでしょうね。
不世出の天才経営者と言われた藤田田(ふじた・でん)もマクドナルド・ブランドを
日本に持ち込む際、正式な発音が「マクダーナルズ(マクドゥナルズだったかな?)」
であるにもかかわらず、日本人(日本人の感性)に馴染みやすいマクドナルドに
したらしいからね。

そういえば、車の名前は必ず「ラ行」を入れるそうですね。
「ラ行」が入ると「軽やかで気持ちいい」んですかね?
フェラーリ、ポルシェ、クラウン、カローラ、スカイライン等々・・・。
マーチくらいじゃねぇかな、ラ行が入ってないの。

さらに「ハ行」を入れると「気持ちよくて、いやらしい語感」になるそうです。
ラブホテル、ヘルス、バイブレーター、フェラ○オ・・・なるほど!
エジプトの「ファラオ」と聞いただけでもいやらしい気分になれますね!

日本人は恵まれてますね、幸せです!

語学の勉強はここまで。
--------------------------------------------------------------------------------------
さて、「びるまの竪琴」は恵比寿駅の東口を出て、歩いて8分くらいでしょうか。
若い人はご存知かもしれないが、恵比寿駅東口交差点を過ぎたあたりの右側に
「キムカツ」という店があるんですが、美味いんですかね。
いつも行列が出来ています。

さらに延々と歩いていくと、左側に恵比寿郵便局があります。
あの有名なモツ鍋屋「蟻月」ってこんな所にあったんですね。
「びるまの竪琴」は「蟻月」の裏あたりにひっそりとあります。

тGE2.jpg

お店に入ると、お客さんは誰もいません。
照明を落とした、静かな雰囲気のお店です。でもテレビは世界陸上でした。

メニューを渡されましたが、迷うことなく「モンヒンガーありますか!」
そうです、ここはミャンマー料理屋さんですからね、モンヒンガーを頼まないと!

でも「東京カレー紹介」なのでカレーも頼みたい。
聞いてみると「グリーンカレー」や「レッドカレー」は量が多いらしい。
本日のカレーならいいんじゃないかということで、本日のカレーに。

「本日のカレー(750円)」チキンと野菜のカレーです。
тGE750~.jpg

カレーはトマトベースのカレーで、酸味があって爽やかな感じですね。
辛さはほとんどない。
チキンは蒸してあるのかソテーしてあるのか、ちょっと硬めです。
とろけるような(ほどけるような)チキンではありません。
たけのこやパクチーも入ってます。
オリジナルのタイカレーって感じです・・・。

「モンヒンガー(900円)」ソーメン・スープといったところでしょうか。
僕がビルマ料理にハマッたきっかけとなった料理です。
тGEт.jpg

独特の魚の風味があります。ソーメンは日本のソーメンじゃないでしょうか。
食べなれた味です。
なかなか美味いですぞ!
тGEqK[.jpg

モンヒンガーも辛くはなかったが、クーラーがあまり効いてないのか、
端っこに座ってたからか、汗がだくだくです!

こんなにお店で汗をかいたのは久しぶりです。はじめてかもしれん!
額から、目の下から、首筋から、あらゆるところから汗が噴出してきます。
拭いても拭いても噴出!暑い〜(+_+)/

ところでビルマ(ミャンマー)って、そもそもカレー料理はあるのでしょうか?
ここのお店もビルマ風というよりはタイ風のカレーに近い。
高田馬場でビルマ料理のお店に何軒か行ったが、カレーメニューが
豊富にあったのはビルマ・シャン族の「ノングインレイ」だけだと思う。

同じシャン族の「マイソンカー」にはカレーはなかった。
「ルビー」もカレー風味の料理しかなかったように思う(僕は無理矢理に
野菜カレーを作ってもらった)。
AFC(アジアンファミリークラブ)」は創作カレーっぽいし。
「ミンガラバー」はネパールカレーっぽかったように思う(記憶があやふやだが)。

とりあえず、食べて美味しけりゃいいんですが、ここのカレーはさっぱりしていて
そこそこ美味い。
モンヒンガーもけっこう美味いので、恵比寿在住の方でエスニック料理を
食べたい人にはかなり貴重なお店だと思う。

次回行く時は他のメニューも食べてみたいです。

びるまの竪琴 [ エスニック、無国籍料理 ] - Yahoo!グルメ





posted by ピエール at 23:19| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 渋谷区(恵比寿・代官山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやあ、ピエ〜ルさんの語学の勉強に超!関心しました!車のラ行には初耳でした。確かにラ行はかなりの確率ではいってますね。今日、どこかでこのネタ使わせて頂いていいですか?
Posted by JUNチャンです。 at 2007年08月30日 07:53
>JUNさん
「トルコのラブホテルに行く前にフェラーリの中でファラオがフェラ○オした」
との記述がツタンカーメンの墓にあるそうです。
Posted by ピエール at 2007年08月30日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。