2007年09月22日

「ムットでフレッシュカレーリーフ」

「フレッシュ!フレッシュ!フレ〜ッシュ!夏の扉を開けて〜♪」
bgEu.jpg
我々オヤジ世代にとって、フレッシュと言えば松田聖子の「夏の扉」です。
今見ると若い頃の聖子ちゃんは可愛いですね。

郷ひろみ→神田正輝→謎の外人→???と続くその後の男性遍歴は
当時のファンにとっては耐えられない事象の数々だったんでしょうね。
でも、可愛いからそれだけモテたんでしょうけど・・・!

ムットの店舗情報は→こちら
USHIZOさんの記事は→こちら
-----------------------------------------------------------------------------------------
さて本日はタイ→シンガポール→インドと旅行(行商?)に出かけていた
「謎の運び屋・curryvaderさん」が、「あの葉っぱ」まで入手した!!
との噂を聞きつけムットへ事情聴取へ行ってまいりました。

先ずは外から店内の様子を窺ってみました。
「おや?怪しい外人がいる!」
見たところロシア人らしき女性(アメリカ人かもしれない)と男性がいるじゃないですか!
どうやらベイダー氏と例の「葉っぱ」の売買をしようとしているようです。

でも、そのロシア人らしき女性(イギリス人かもしれない)は
ショートカットで美しい。

「無罪です!」

ピエ〜ルの辞書に「美人有罪」という文字はありません!

さらに奥を見渡してみると、いるじゃないですか!
運び屋ベイダーとムットの達人USHIZO氏が!

ということで、本日の参加メンバーはcurryvaderさんUSHIZOさん
USHIZO奥様、ピエ〜ルの4人です。 (今日の日記も長いよ〜)
----------------------------------------------------------------------------------------

「この世には3種類の料理しか存在しない!

「ウマい料理とマズい料理、そしてつまらない料理だ!!」
                                          by フランス人

フランス人なら言いそうだね、こんなセリフ。
でもつまらない料理があるなら、面白い料理もあると思うので、
美味い料理、不味い料理、面白い料理、つまらない料理の4種類が
正しいと思うのだが、如何?

----------------
さて、ホッピーを飲んで談笑しているオトボケ三人衆?に交わり、
インドの話で盛り上がります。
実は今回、ベイダーさんはムット家で1週間お世話になるという
快挙を成し遂げて帰ってこられました。
いまや南インドを代表するカレーブロガーとなられたベイダーさんに
何人も逆らうことは出来ません!ヾ(´д`)ノ゜

で、ムット家および周辺地域で撮影した画像を、お店のテレビで見ながら談笑!
しかもムットさんや息子さん、娘さんもいっしょになってテレビを見てます。
一家団欒の日本の原風景のようです(インド人ですが・・・)。

なんとも貴重な体験です。
両親を幼少の頃に亡くしたピエ〜ルにとっては家族というものがわかりません・・・・。


ところで、注文しないんですか?

画像に夢中になってオーダーするのを忘れてました。
初めてエロ本を見た少年少女のようです。
さっそくムット・マスターUSHIZO氏に注文を丸投げ!!

「USHIZOさん、頼んだことの無いメニューを頼んでくださいよ〜!」

なんともムチャ振りな要望です・・・。
ところがムット・マスターUSHIZOさんは、そんなことで動揺しません。
それどころか、見事な選択で我々を驚愕させてくれました!!

先ずは「エッグブジ(スパイシースクランブルエッグ)840円」です。
bgExC_[E.jpg

USHIZOさんも食べたことの無いメニューということですが、
これがすげぇ美味い!!
普通のスクランブルエッグが食べられなくなりそうです。
まるで沢尻エリカを見た後に普通の女性を見れなくなるが如く。

そしてこれが今日の本当の主役「フレッシュカレーリーフ」です。
建前の主役?は「curryvaderさん」です。
bgEJ[[tA.jpg

袋の口を開けた途端に部屋中に拡がる新鮮な香り!
なんとも幸せな香りに、脳味噌はパラリラ、ラリラリしております。

そして、次なる注文を「賢人・USHIZOさん」がした、その瞬間!

待ってました!とばかりにカレーリーフを一握り!
ムットさんが厨房に消えていきます。

そしてこれがUSHIZOさん会心の一撃「レモンライス」
回天なみの爆撃「マトン・ド・ピアザ」です。
bgExC_[J[[t.jpg

これがレモンライスですか〜っ!美味ぇ〜!
しかも、葉っぱの香りがポワ〜ンと漂ってきます。
あ〜っ!!!この香りに支配されたいっ!!

「僕はカレーリーフの豚ですっ!」

と訳のわからないことをベイダーさんが絶叫しそうです(言ってないが・・・)。

bgExC_[Aj.jpg

そしてこれが「マトン・ド・ピアザ」です。
マトン料理だということは僕でもわかるが、ピアザってなんですか?
昔、野茂の球を受けていた大リーグのキャッチャーしか知りません。

それはともかく美味いです。マトンですがマトン臭がありません
柔らかく、甘辛い、絶妙の料理です。
まさにスパイスのマジシャン!ムットさんの本領発揮・本領安堵です!
スパイスで清められたムットの地を侵すものは、もはや現れないでしょう!(なんのこっちゃ)

そしてお次はcurryvaderさんご所望の「サンバル」
bgExC_[ATo.jpg

そしてサンバルに合わせて「ジーラライス(クミンライス)」
bgExC_[EW[CX.jpg

「レモンライス」も「ジーラライス」もフレッシュカレーリーフが
絶妙なアクセントになっております。
オカズが無くても、そのまま食べて十分すぎるほどに美味い!
あっさり味なのにこれだけ感動させてくれるライスは無いような気がする。

それに米自体が美味いよね!いい炊き方してますね〜。
----------------------------------------------------------------------------------------
なんだかんだと長居しておりましたが、お会計は「6880円」です。
一人当たり1700円!!やっぱ安いっすよね〜!

「ムットには一種類の料理しかない、

「美味い料理で個性的な料理、且つ安い料理だ!」
                                        by ピエ〜ル

一番最初に行った時の味が信じられません・・・・


タイ帰りのsamuraiさんも元気でしたが、ベイダーさんも元気そうでよかったです。
10月のEELを楽しみにしております。全員入れるか不安ですが・・・。














posted by ピエール at 00:21| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | ☆ムット(大久保)・再訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

いやー、またも楽しい時間を過ごさせてもらいました。
しかしさすがエロピです。ショートカットの女性を
チェックしているところは脱帽です。

私もカレーリーフの豚ですッ!(ノ∀`)タハー

EELはお店の外にテーブルだして入れない方はそこで
いただくようにするとか、隣のお好み焼き屋のテーブルを
借りるとか(ぉぃ)

それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2007年09月22日 01:27
>USHIZOさん
楽しかったですね。
今日も隣の「広島焼き」は超満員でした。

とりあえずEELのメニューはお任せにしないとダメでしょうね。
前半・後半に分けるという案もムットさんの中にはあるようです。

Posted by ピエ〜ル at 2007年09月22日 02:25
同じ歳だけに、最初の1行だけで誰の曲か曲名まで浮かんできたのは悲しすぎましたw。

曲まででてきちゃうほどのフレッシュなカレーリーフ本当に羨ましいですww。
是非ご一緒したかった・・
Posted by かりん☆ at 2007年09月22日 07:46
>かりん☆さん
えっ!松田聖子と同い年なんですか?

たぶん、かりん☆さんなら食べた瞬間、歌っちゃうでしょうね!

ちなみに金曜日も一人で行っちゃいました。
Posted by ピエ〜ル at 2007年09月22日 11:31
あぁぁ、うらやましい。
まあEELを楽しみにしときます。

エッグブジ食べたいっす!
Posted by samurai at 2007年09月22日 16:53
>samuraiさん
エッグブジも美味いですが、やっぱりフレッシュカレーリーフですね。

ムットさんも「冷凍のカレーリーフと比べて全然違う!」と
力説されておりました。
Posted by ピエ〜ル at 2007年09月22日 23:37
やはりフレッシュカレーリーフは麻薬ですわ。
マジで日本の税関に捕まらなくて良かったですww
この日は本当に美味しい料理ばかりでした。
Posted by curryvader at 2007年09月23日 01:06
>curryvaderさん
ホント、捕まらなかったベイダーさんの強運に感謝です!

感動的な風味でしたね。
これからも楽しみです。
Posted by ピエ〜ル at 2007年09月23日 02:08
えぇぇーーー(泣)

ひどすぎです(笑)
歌ってるピエールさんとという意味です。
Posted by かりん☆ at 2007年09月23日 02:43
>かりん☆さん
そうですよね!僕たち花の27歳ですからね☆!

カレーを食べて若さを保ちましょう!

Posted by ピエ〜ル at 2007年09月23日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

No.570 MUTHU (ムット)
Excerpt: 新宿で一押しの南インド料理屋さん。 場所は悪いですが、行く価値は十分すぎるほどあります。 -----------------------------------------------------..
Weblog: CDET!! (Curry Delicious Ecstasy Trance)
Tracked: 2008-02-16 10:10
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。