2007年12月09日

「シャヒダワット(Indian Roshoi Shahi Dawat)」(神保町・小川町・新御茶ノ水)

「シャヒ・ダワット」(小川町・新御茶ノ水・神保町)
RIMG0494.JPG
住所:千代田区神田錦町2-2-11
     田口ビル B1

携帯地図:詳細 普通 広域
電話:03-3293-5897
営業時間:11:00〜15:00
       17:00〜23:00
土日祝は22:00まで
定休 第一日曜日
味:★★★☆
個性:★★★★
コスト:★★★


<Yahoo!グルメクーポン>は→こちら

--------------------------------------------------------------------------------------
今日は久しぶりに神保町界隈に出没しました。
目的はビリヤニで有名なシャヒ・ダワットに行くためです。

かりん☆隊長呼びかけの元、集まったのはピエ〜ル、dokataさん
samuraiさん、さきちゃん、トリコさんの計6名です。

なんでもビリヤニは作るのに時間がかかるため要予約とのこと。
他のお客さんもビリヤニを頼んでいたので、皆さん予約して来られてるんでしょうか?
それとも食前に注文して最後に召し上がっておられるのでしょうか?
(注・以下、メニュー名はかりん☆さんのブログから勝手に引用)

さて、とりあえず酒です。ネパールの「ドルカ(大瓶1000円)」というビールを注文。
非常に飲みやすいビールですね。美味しいですが高価格です。
RIMG0481.JPG

「パパド」です。一人一枚です・・・
RIMG0482.JPG

「ムルグ ジンジャー ティッカ(400円)」チキンティッカですね。
生姜がいいアクセントです。ミントソースをつけて爽やかにお召し上がり下さい。
一人一切れです・・・
RIMG0485.JPG

「フィッシュ ティッカ(500円)」ココナツ風味のカジキマグロのタンドーリ料理です。
もちろん一人一切れです・・・
RIMG0486.JPG

「タンドーリ サラダ(1050円)」
マサラで仕上げた、カリフラワー、トマト、パプリカ等の野菜のタンドリー料理。
RIMG0490.JPG

「グリーンチリパコラ(2個100円)」
パコラはベーサンという豆の粉をつけたフリッターです。
メニューにはインド人はグリーンチリのパコラをつまみに酒を飲むのが大好きと
書かれてました。
めちゃめちゃ辛いんじゃないかと心配しましたが全く辛くありません。
なんだか「竜ノオトシゴ」みたいですね。
RIMG0488.JPG

「ミックスベジタブルパコラ(800円)」
玉ねぎ、じゃがいも、ナス、カリフラワーのパコラです。
一人一切れですがジャンケンに買った3人は二切れです。
僕はジャンケンに勝ったのでカリフラワーとタマネギをゲット!!
RIMG0491.JPG

「ビンディ・アル・ジーラ(1050円・1人前)」
「アルジャジーラっ??」と言っていた人がいましたが、全然違いますよ。
それはエロ専門の衛星放送です。
ジーラ(クミン)のきいた ジャガ芋とビンディ(オクラ)の炒め物。
RIMG0493.JPG

「プラウン・タワ・マサラ(1400円・1人前)」写真は1.5人前
海老のカレーです。タワって何ですかね?けっこう濃厚な味わいで美味!
RIMG0497.JPG

「ムルグバナラシ(1450円・1人前)」写真は1.5人前
とても辛いフェンネルというスパイスを使ったチキンカレーです。
かりん☆隊長がさらにベリーベリーHOTでオーダーしたそうです。
でも濃厚ではあるがそれほど辛くない。かなり美味です。
RIMG0492.JPG

パリっとしたナンとの相性も抜群ですね。
RIMG0498.JPG

RIMG0500.JPG

そしてついに待望のビリヤニが登場!
「タンドリー・ダン・ビリヤーニ(Mサイズ、3000円)」
RIMG0502.JPG

壺に入って出てきます。呪文を唱えると何か出てきそうですね。
煙(湯気)が神秘的です。

「チュカウニ(500円)」というヨーグルトサラダをつけて食べるそうです。
これはメティというスパイスとターメリックで香りを移したヨーグルトで、
そこにジャガイモが入れば、全てチュカウニと呼ばれるそうです。
ここのお店はジャガイモだけが入ったシンプルなチュカウニです。
RIMG0507.JPG

RIMG0505.JPG

ビリヤニとチュカウニを併せるとこんな感じです。
RIMG0509.JPG

ビリヤニってインドの宮廷料理(もしくは結婚式やお祭りなどの
めでたい時や、特別な時にご馳走として作られる「炊き込みごはん」)
だそうですが、なぜか遠足の「飯ごう炊飯」を思い出しますね

「お米」+「おこげがある」=「飯ごう炊飯」
という単純な方程式しか思いつかないほどの低レベルですが、
そんな我々でも宮廷料理を食べれるんですから、日本ってホント素晴らしい国ですね。

生きてるだけで幸せとは思わないが、日本に生まれたことは現時点までで見ると
かなり幸せなことじゃないかと・・・


インドのワインを飲みながら、そんなことを考えてました・・・・
RIMG0511.JPG


一緒にカレーを食べて下さった皆様、料理して下さった方々に感謝を申し上げます。
ありがとうございます。

かりん☆さんの記事は→こちらです

dokataさんの記事は →こちらです

この記事へのコメント
ヨーグルトをご飯にかけるのですね。
う〜ん。。。
旨かったですか?
Posted by トンチャイ at 2007年12月09日 22:10
>トンチャイさん

なかなか美味かったですよ。
もちろんビリヤニだけでも美味いです。
ミントソースをかけても面白い味でしたね。

Posted by ピエ〜ル at 2007年12月09日 23:12
いや〜、珍しく記事の中にエロさを感じませんねww。

それほどおいしかったということでしょうかww??
Posted by samurai at 2007年12月09日 23:30
本当にどのお料理も美味しかったですね。

人数が多いと色々いただけるのが楽しいです。

後、ビリヤニは完全予約ではないと思いますが、お店を予約するとその際にはビリヤニ、タンドールの予約などはお願いされます。
予約なしだと、時間がかかるということだと思います。
Posted by かりん☆ at 2007年12月09日 23:48
>samuraiさん

いやいや、いつもエロいわけじゃないですから!

でも美味しかったですね。
ビリヤニは「スパイス入りの飯ごう炊飯」ですね。
やっぱりおこげは美味いです。
Posted by ピエ〜ル at 2007年12月10日 00:01
>かりん☆さん

いや〜、いいお店を紹介していただいてありがとうございます。

一人だとおそらく行かないでしょうね。
場所も場所ですし。

全く関係ない話ですが、この日記の写真が
かなり綺麗だと思うんですが、如何ですか?
まあ、単なる自画自賛なんですが・・・。
Posted by ピエ〜ル at 2007年12月10日 00:04
綺麗です!!

何か違う・・と思っていたら今回のは特に綺麗ですね。
私も見習わないとです(泣)
Posted by かりん☆ at 2007年12月10日 12:20
写真、綺麗だと思いましたよ。
どの写真もいいですが、
ビールの透明さと泡じゃないグラスの壁についている気泡もくっきり、
ビンディ・アル・ジーラの野菜の色が鮮やかなのが特にいいですね。
Posted by さきちゃん at 2007年12月10日 18:52
>かりん☆さん、さきちゃん

やっぱり携帯の時代は終わりましたよ。
これからはデジカメの時代ですね。

でもブログの容量を超えそうで怖いです。
このペースだとあと1年でブログ会社の容量を
超えてしまします。
Posted by ピエ〜ル at 2007年12月11日 00:00
dokataです。
マジ、写真きれいですね。光の具合がいいですよね。
それと、斜めにしてさらに奥行きを持たせるアングルのとり方。ピエール撮りというのでしょうか。
僕の写真はピンボケか手振れか、またはその両方を特徴として兼ね備えておりますが、辛党さんに教えてもらったボケ防止の持ち方と、ピエール撮りを早いところマスターしたいものです。
Posted by dokata at 2007年12月11日 00:14
とりあえず、写真は3Mぐらいで撮って、
ブログに載せる時は更に等倍を50%比率まで下げるといいと思いますよ。

今回の写真はきれいですし、やっとデジカメのよさに目覚めてくれたかとww。
Posted by samurai at 2007年12月11日 00:34
>dokataさん

写真の訓練は品川駅のエスカレーターがオススメです。

努力は報われる!因果応報です!


>samuraiさん

samuraiさんの手ほどきでかなり綺麗に撮れるようになりました。

やっぱりデジカメはいいですね!
最近はかなりお気に入りです。
Posted by ピエ〜ル at 2007年12月12日 00:08
ビリヤニいいいい!
たべたーい!
この前、一人で頼もうとしたら、
量が多くて無理ですよ言われた〜!
Posted by みそ at 2007年12月17日 19:07
>みそさん

たしかに量が多いですね。
二人でも食いきれないかもしれません。

大人数で行くことをオススメします。
Posted by ピエ〜ル at 2007年12月18日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

神保町・淡路町 「シャヒダワット」
Excerpt: samuraiです。 今日はかりんさん・ピエールさん・dokataさん・さきちゃん・とりこさんで 神保町の『シャヒダワット』にやってきました。 こちらは「ビリヤニ」の名店。 しかも、タンドール..
Weblog: カレー侍
Tracked: 2007-12-12 22:47
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。