2008年03月28日

「第6回 大地の木」高田馬場

「大地の木でマレーシア!」
s-RIMG1339.jpg
( ゚∀゚)ノ ペナン〜!

「シンガポール料理の店・大地の木」がいつの間にかマレーシア料理の店に変身!
シンガポール美人から、日本人美人に店主が代わったかと思うと、今度はマレーシアのペナン島出身のシェフに代わってました。

混乱が続く「大地の木」!味さえよければ何料理でもいいんですよ!

「大地の木」店舗情報は→こちら

-------------------------------------------------------------------------------
〜大地の木 第一夜〜

久しぶりに高田馬場の「大地の木」に行ってきました。
ヤンさんというシェフに代わってから、味が甘ったるくて
イマイチだと思っていたので、しばらく足が遠のいていました。

しかし今日はなにか店の雰囲気が違う。
なんとなく店の前に立つとディナーセットの看板が!

ディナーセットが850円〜!(〃^∇^)安っ!


マジかよ!マジだぜ!


ということで「マレーシアカレーセット(900円)」を注文。
s-RIMG1341.jpg

マレーシア風カレーと聞くと、水っぽくて酸っぱい
カレーを想像してましたが、ココナッツの効いた
ザラっとした舌触りの甘口カレーです。
なんとなく「カンボジア」のカレーを思い出します。

しかし、ただ甘いだけではなく、スパイスの効き目でしょうか、
じわじわと汗が出てくる。

s-RIMG1342.jpg

ライスにぶっかけると上の写真のようになります。
お米は普通の日本米ですが、美味しいですね。

---------------------------------------------------------------------------------
〜大地の木 第二夜〜

メニューも以前よりも増えていたので
数日後、再訪しました。

今回は「海南チキンライス・セット(900円)」
s-RIMG1530.jpg

見るからに「海南鶏飯食堂」で食べた海南鶏飯とは違う。
まず、鶏肉が最初からソースに浸されている。
鶏肉の甘酢ナンプラー煮?のようだ。

s-RIMG1531.jpg

そもそも、どこの「海南鶏飯」が本場に一番近いのか
私はしらないが、これはこれで美味い。

しかも2種類のソースもついているので
これをチキンにつけると尚ウマい!
ちなみにチキンはスプーンで切れるほど柔らかい。

s-RIMG1534.jpg

帰り際に中国系マレー人の美人店員さん
話を伺うと、シェフもマレーシア人で
マレーシア料理が得意よ!とのこと。
そんな中でも「エビ辛麺」がおすすめ!と言われたので
翌日さっそく再訪してみた。

-------------------------------------------------------------------------------
〜大地の木 第三夜〜

ということで「エビ辛麺(780円)」を注文。
s-RIMG1541.jpg

一緒に注文したのは「空心菜のサンバル炒め(620円)」
マレーシアでは「馬来風光」というんですか?

s-RIMG1540.jpg

これが超ウメ〜!(;゚д゚)

辛味噌の野菜炒めといった感じだ。
ご飯があれば3杯は食べられたと思う。
濃厚だが止められない味で、ピエールご満悦(。・x・)ゞ

s-RIMG1542.jpg

ついに出た!( ゚∀゚)ノ エビ辛め〜ん!

見たところトムヤンクン・ラーメンのようだが
酸味はほぼ皆無だ!
「辛いよ〜!」と脅されたが、甘党皇子のピエールでも
大丈夫な辛さだ。

麺は普通のラーメン麺だが、スープが美味い。
エビの出汁が出ているからでしょうか、
さっぱりした中にコクのある風味。

------------------------------------------------------------------------------------
お客さんもいなくなったので、シェフとゆっくり
お話ができたが、こちらのシェフが言うには、
日本のマレーシア料理店で本場の料理を出している
ところは少ないそうです

池袋の「マレーチャン」もちょっと違うらしい。

それにタイ料理屋さんもマレーシア料理屋さんでも
ほとんどは冷凍食材を空輸して日本で調理している
とのことです。
まあ、俺には違いはわからんが・・・

また、現在はメニューも昔のままだが、
シェフが代わって3か月になるので、
そろそろシェフ独自の得意料理に変えていくそうです。
予約をしてくれたらフィッシュヘッドカレーや
カニのカレーを作ってくれるとのことです

(新鮮な食材で作るから予約が必要らしい)

つまり看板は「シンガポール料理の店」だが、
中身は「マレーシア(ペナン島)料理の店」になるとのこと。

ペナン島からの出稼ぎ労働者USHIZOさん
ぜひ食べて頂きたいお店ですね。
本場のペナン料理を知ってる人ってUSHIZOさんくらいですからね。

まったく〜!20連勤してる場合じゃないですよ!


ほな、また(^-^)ノ~~
posted by ピエール at 23:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆大地の木(高田馬場)・再訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

うぉー!!
ここですかい!ペナソ出身のシェフがいらっさるお店とは!
これは行かなくてはあきまへんなー!( ゚∀゚)ノィィョ

出稼ぎ20連勤してる場合じゃナイYO!(ノ∀`)タハー

ちなみにマレーシアのカレーというと、ジャガイモとチキンの
ココナッツミルクの効いたカレーが一般的…かなぁ。
もちろんタミル系マレー人のお店や、中華系マレー人の
お店も沢山あるので一概には言えないのですが。
割とタイのイエローカレーに近い感じです。
Posted by USHIZO at 2008年03月29日 00:58
>USHIZOさん
そうなんですよ!ここですよ!

マレーシアもシンガポールも中華系やら
マレー系とか色々いらっしゃるので
かなり料理も違うみたいですね。

詳細は直接シェフに聞いた方がいいかもしれませんね。
日本語はペラペラです。
新宿とかで働いていたそうなので。

とりあえず予約して一緒に行きましょう!
Posted by ピエール at 2008年03月29日 01:13
高田馬場に住んでいながら、
高田馬場のすばらしさを
全く味わっていないなあと
いっつも ピエールさんの
ブログを読んで思います。
フィッシュヘッドとかカニとか
かぁなぁりぃ 惹かれます。
Posted by しゅっしん at 2008年03月29日 16:04
>しゅっしんさん
まだまだ高田馬場は奥が深いですよ。

僕はエスニック系しか行ってませんが、
飲み屋もいい店がありそうですよ。
Posted by ピエール at 2008年03月29日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。