2008年05月04日

「カフェ ロシアで絶品料理!〜第2部〜」武蔵野市・吉祥寺

「カフェロシアで絶品料理!〜第2部〜」
s-RIMG26104.jpg
( ゚∀゚)ノ 北方領土〜!

ここからは真面目に料理のお話だ。

今でこそロシアって資源国ということで話題になってるけど、昔はソビエトという国名だったんですよね。
若い人は知らないだろうけど・・・。

我々メタボ世代はシベリア抑留問題と北方領土問題くらいしか関心ないが、初めて食べるロシア・グルジア料理は如何ほどのものでしょうか?
とりあえず楽しみです!

「カフェロシアHP」は→こちら

〜カフェロシア第1部〜→こちら

-----------------------------------------------------------------------------------

まず注文したのはビールだ!

見たことのないビール「バルティカNo.3(850円)」
s-RIMG2573.jpg

やっぱり「池光エンタープライズ」です。
頑張って輸入して下さい!できれば格安で!
ベストラガー賞2年連続受賞らしいですが、
権威ある賞なのかは不明!


「ストロガニーナ(600円)」
s-RIMG2580.jpg

「刺身用の新鮮な白身魚を一度凍らせ薄く削り、
塩・胡椒で味付けしたシベリア料理」
だそうです。

なんで凍らせるのか疑問だが、シベリアなら放置すれば
勝手に凍っちゃうんじゃないの?
とも思うが、そんな素人の考えが右から左に流れるほど
あっさりした美味さが口の中に広がる。

溶けると水分が出てきて美味くない。
是非、凍ってるうちにどうぞ!



「バクラジャン(500円)」
s-RIMG2583.jpg

「グルジアの焼きナス料理」だそうです。
グルジアがどこにあるのかわからないが、
こんなにも美しく上品に調理されたナスを
食べるのは初めてです。

見た目はベーコン巻だがナス巻です。
中にはクリーム状の何かが入ってます。
しつこくなく、かなり美味!

長いものに巻かれる人生より、ナスに巻かれた料理を
食べた方がいいんじゃないか!

身分が少し上がった気分になれます。



「毛皮のコートを着たニシン(600円)」
s-RIMG25871.jpg

「ビーツ、ポテト、ニシンのミルフィーユ」
と書かれてますが、ビーツって何ですか?

日本人の一般的なニシンのイメージと言えば
ソバの上に乗ってる魚だと思うが如何でしょうか?
僕はそれ以外のニシン料理を食べたことがない。

それにしても美しくて美味い。
どの料理も色使いが派手派手なので、濃厚な味に見えるが
その実、かなりあっさりしていて食べやすい。
舌にも胃にも負担のかからない料理です。



「ハチャプリ(1000円)」
s-RIMG2591.jpg

「むちゃぶり」ではない。
「層になったパン生地でチーズを包んで
オーブンで焼き上げたグルジアのピザ」
です。

見た目はチーズナンですが、パンがサクサクとして
どちらかというとパイ生地のようです。

こりゃ〜、めちゃウマだわ!ヽ(゜▽、゜)ノ


ちょいとワインを!「ムクザニ(780円)」
s-RIMG2603.jpg

「グルジアワインの赤と言えばこれ!」と書かれてましたが
ゴッドファーザーになった気分です。



「肉のピロシキ(300円)」
s-RIMG2598.jpg

スパイシー挽肉が入っているわけではない!
こちらもまた上品でおま!


「野菜のピロシキ(300円)」
s-RIMG2596.jpg



「タバカ(1/2羽)1200円」
s-RIMG2605.jpg

「特製ソースでマリネしてオーブンで焼いたひな鳥
だそうです。
これまたグルジアの代表料理だそうです。


それでは頂きますか〜!
s-RIMG2609.jpg

(≧∇≦)ノ こりゃ美味いズラ〜!

皮はパリっとした香ばしさに包まれてます。
しかし内部は柔らかくジューシーだ!
脱がせてみればなんとやら・・・だ!



「ボルシチ(700円)」
s-RIMG2611.jpg

ロシアと言えばボルシチでしょう!
と偉そうなことを言いつつ、ボルシチを食べるのは初めてだ!

なんでも世界3大スープの1つだそうです。
他の2つは何でしょうね?
味噌汁とトムヤンクンですか?


意味のない接写!
s-RIMG2618.jpg

色は余りにも刺激的すぎるが、これまた上品な味だ!
やはり共産主義の「赤」はボルシチから来てるのだろうか?

寒いから男色、いや暖色の「赤色料理」が多いのだろうか?
非常に気になるところだ。


気分は「ヤルタ会談だ!」
s-Yalta123.jpg

バルティカやワインを飲みながらスターリンは
対日参戦を決めたのでしょうか?
日ソ中立条約を一方的に破棄するような輩は信用できん。
そろそろ北方領土返せ!


s-RIMG2619.jpg


いや〜、満腹!満喫!大満足です!ヾ(´▽`;)ゝ


こちらのお店は最高ですね!

お店の雰囲気、店員さんの接客・サービス・気遣い、
料理の美味しさ、どれをとっても最高ですね!

再訪必至です。
イナコさん、越後やさん、また行きましょう!
-------------------------------------------------------------------------------

「カフェロシア(Cafe RUSSIA)」武蔵野市・吉祥寺
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-10 ナインビル地下1F
携帯地図:詳細 普通 広域
電話:0422-23-3200
営業時間 11:30〜22:00
定休日:無休

カフェロシアHPは→こちら
posted by ピエール at 01:53| 東京 ☔| Comment(7) | TrackBack(1) | 武蔵野市(吉祥寺・三鷹) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しそうですねー!ロシア料理のイメージが変わった気がします。
ウクライナ(だったと思う)の友達んちの家庭料理や、新宿の老舗ロシア料理いただいただいたときは、実直な家庭料理だなーという印象でした。
行きたい、カフェロシア!

あ、ピエールさん、ニシンって、塩焼きこのあいだおまつり本舗で食べて美味しいっていってた!あれは蕎麦には乗ってなかったよーー!!*笑*
Posted by しゃんろん at 2008年05月04日 05:24
外食限定ということであればの話しですが、東京タワーの麓にあった「ボルガ」がセピア色記憶です。
何百年前ってか?(笑)

まぁ、時代は変わりますのう〜。
日本が正式な共産国になる日も近かったりして、、、^^;既になってますけど。w
Posted by 海苔助 at 2008年05月04日 18:21
>しゃんろんさん
美味しくて美しい・・・
赤い料理が元気にさせてくれます。

あっ!あの焼きニシンは美味かったですね。
ネタばらししちゃダメ〜!


>海苔助さん
ロシア料理もあっちこっちにあるみたいですね。

他の店にも行ってみたいです。
 
Posted by ピエール at 2008年05月05日 11:32
「だんしょく」変換でそれが一番にでるんですかwww

さてほんとおいしかったですよね〜。
ご一緒させていただけてうれしかったです。
私は最近文章考える気力が無くて
まだアップしてないんですが
読んだら書くより先に再訪がしたくなってきました^^
これはきっと写真の花が効いてますねww
Posted by イナコ at 2008年05月06日 08:51
>イナコさん
男色ですね〜。たぶんどのパソコンもそうなってますよ。

ある情報によると最近、雑誌で取り上げられたらしいですよ。

他のメニューを食べてみたいですね^^
Posted by ピエール at 2008年05月06日 09:06
次回はペルメニも是非お試し下さい!
てか、再訪の時は誘ってね。
Posted by さきちゃん at 2008年05月06日 18:37
>さきちゃん
ベルメニ?

どんな料理でしょうね?

是非行きましょう!!
Posted by ピエール at 2008年05月06日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『カフェロシア』@吉祥寺
Excerpt: 吉祥寺のロシア&グルジア料理店で昼食など。 Cafe RUSSIA(カフェロシア) ランチセットは、980円のセットが 2種類と 1,080円のセットが 1種類あるようだ。 カミさんと一緒に行き、「..
Weblog: 会社員のフランス語とロシア語学習
Tracked: 2008-05-26 18:24
新着カレー記事






ゴールドカードの審査基準
債務整理の仕組み
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。